Re: ウズラの夫婦

ウズラの夫婦 についてのコメント&レビュー投稿
昔、ある所に、もうすぐヒナが孵ろうとしている卵を抱えたウズラの夫婦が居た。 日夜卵を抱えて温める母ウズラを気遣って、父ウズラはヒナを楽しみに甲斐甲斐しく世話をする仲の...…全文を見る

Re: ウズラの夫婦

投稿者:すず猫 投稿日時 2014/3/17 0:43
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
>ゲストさん

こんばんは、初めまして。レビューコメにレスしていいのかな……と思いつつ失礼します。

確かに棒で叩かれるやら溺れかけるやら父ウズラ大変な事になってましたよね(苦笑)叩かれるシーンは特に痛そうで可哀想ではありましたが、ある見方をすると、母ウズラの苦労を父ウズラにも体験させたという演出かなと個人的には思っています。
もうすぐ孵りそうな卵を抱えて火事の中一人になって、自分がうごいたらあと一歩まで温めた卵も孵らないかもしれないし、何より自分が焼け死ぬかもしれない状況でしたが、一か八かで「くちばしで草を刈り取る」行動に出た母ウズラも命懸けだったのではないでしょうか。
子どもが死ぬか自分も死ぬかな状況を一人で乗り切った、というのと同等の負荷をかけたのではないかなと思います。

ちょっと脱線ですが、こういう対比の寓話性が高いのは、例えば「んばろん」や「おぶさりてぇ(これは妖怪ですが)」、「うぶめ」の諸々の逸話で、『最後まで耐えきるか家に連れて帰れば財宝になる』というのが、『出産に関わる苦労や苦痛・恐怖と、それを乗り越えた結果の幸福と喜び、子宝』を擬似的に体験するものだという見方があります。
『一人で乗り越えるには大変な苦労、苦痛、恐怖を伴うが、その結果大きな幸福を得る貴重な通過点』を直接関係のない存在(例えば男性。んばろんやうぶめの逸話で体験するのは大抵男性ですよね)に体験させようとすると、ああいうバランスになるのかなぁという気がします。

父ちゃんも頑張った頑張った!と言ってやりたいですよね、あの夫婦には(笑)
投票数:1 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)