トップページ >  お話データベース >  要調査 >  ウズラの夫婦
No.1145
うずらのふうふ
ウズラの夫婦

放送回:0723-A  放送日:1989年11月04日(平成01年11月04日)
演出:山田みちしろ  文芸:沖島勲  美術:千葉秀雄  作画:山田みちしろ
要調査 ) 5918hit
あらすじ

昔、ある所に、もうすぐヒナが孵ろうとしている卵を抱えたウズラの夫婦が居た。

日夜卵を抱えて温める母ウズラを気遣って、父ウズラはヒナを楽しみに甲斐甲斐しく世話をする仲のいい夫婦だった。

そんなある時、夫婦の巣を囲む野原で火事が起こった。迫り来る火の手に恐れをなした父ウズラは、「卵はまた産めばいいのだから逃げよう」と母ウズラを連れて逃げようとするが、母ウズラはもうすぐ生まれる卵を置いて逃げられないと拒む。

そしてとうとう父ウズラは巣と卵ごと母ウズラを置いて逃げ出した。母ウズラは茫然とするが、火の手はそこまで来ている。

一か八か、母ウズラは覚悟を決めて巣の周りの草を刈り取り始めた。漂ってくる煙と熱に目を回しながらも、母ウズラは嘴で必死に草を刈り取り、息も絶え絶えになって巣に戻ってくると卵に被さって気を失った。

母ウズラが目を覚ますと、巣の周りだけ丸く焼き残して火事は収まっており、体の下ではついに卵から可愛いヒナが孵っていた。

そこへ、やはり心配になったのか父ウズラがとぼとぼと戻ってきた。死んだだろうと思っていた家族の姿に感激し、駆け寄ろうとした父ウズラだが、母ウズラに物凄い剣幕で追い立てられた。

「あんたなんか父親でも何でもない」と泣きながら怒る母ウズラに追われ、巣を遠巻きに見つめる父ウズラ。見かねた母ウズラは、お祝いに酒と魚を取ってきたら許すと言い、父ウズラは喜び勇んで調達に駆け出した。

人間の飲物である酒は、人間の酒屋の店先に忍び込み、カタツムリの殻で樽から盗む父ウズラ。だが見つかって父ウズラは棒でしたたかに叩かれ追われた。

そして海で魚を捕まえようとしては溺れかけ、死にそうになりながらも、これも家族の為、と力を振り絞って立派な鯛を陸に揚げた。

それらを持ち帰って和解した父ウズラは、仲良し夫婦に戻り、優しい父になって家族で仲良く暮らしたそうな。

(投稿者:すず猫 投稿日時 2014/3/22 22:10)


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/3/23 2:05 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 95  件):   <前  1 ..  78  79  80  81  82  83  84  .. 95  次>  
コメント一覧
4件表示 (全4件)
ぎるこ  投稿日時 2015/7/16 20:57
ずっと探していたお話です。
子供の頃見たとき、火事てパニックになるアニメーションが面白おかしく、記憶に残っていたのですが、二人の子供を持つ母となった今、単純に笑える話ではなかったな、と思いました。高度経済成長期に子育てをしていた我が母は、きっと苦笑いして見ていたのでしょう。
すず猫  投稿日時 2014/3/17 0:43
>ゲストさん

こんばんは、初めまして。レビューコメにレスしていいのかな……と思いつつ失礼します。

確かに棒で叩かれるやら溺れかけるやら父ウズラ大変な事になってましたよね(苦笑)叩かれるシーンは特に痛そうで可哀想ではありましたが、ある見方をすると、母ウズラの苦労を父ウズラにも体験させたという演出かなと個人的には思っています。
もうすぐ孵りそうな卵を抱えて火事の中一人になって、自分がうごいたらあと一歩まで温めた卵も孵らないかもしれないし、何より自分が焼け死ぬかもしれない状況でしたが、一か八かで「くちばしで草を刈り取る」行動に出た母ウズラも命懸けだったのではないでしょうか。
子どもが死ぬか自分も死ぬかな状況を一人で乗り切った、というのと同等の負荷をかけたのではないかなと思います。

ちょっと脱線ですが、こういう対比の寓話性が高いのは、例えば「んばろん」や「おぶさりてぇ(これは妖怪ですが)」、「うぶめ」の諸々の逸話で、『最後まで耐えきるか家に連れて帰れば財宝になる』というのが、『出産に関わる苦労や苦痛・恐怖と、それを乗り越えた結果の幸福と喜び、子宝』を擬似的に体験するものだという見方があります。
『一人で乗り越えるには大変な苦労、苦痛、恐怖を伴うが、その結果大きな幸福を得る貴重な通過点』を直接関係のない存在(例えば男性。んばろんやうぶめの逸話で体験するのは大抵男性ですよね)に体験させようとすると、ああいうバランスになるのかなぁという気がします。

父ちゃんも頑張った頑張った!と言ってやりたいですよね、あの夫婦には(笑)
ゲスト  投稿日時 2014/3/16 21:43
なぜかこの微笑ましいお話がトラウマになっています。

卵と妻を火の中に見捨てて逃げ出すなんて最低ですが、その部分は記憶に残っていませんでした。ただただその後の夫ウズラの必死さに、ここまで家族のために命をかけなくてはいけないなんてと、可哀想で可哀想でならなかったことだけを鮮明に覚えています。
すず猫  投稿日時 2014/3/13 11:19
話が始まるところでは、まだヒナは生まれておらず、卵を母ウズラが温めている状態でした。父ウズラも甲斐甲斐しく世話をしていて仲のいい夫婦だったのですが、ある時巣の周りの野原が火事になり、父ウズラは「卵はまた産めばいいんだから逃げるぞ」と言いますが、母ウズラは残ろうとしたので、父ウズラはそのまま母ウズラと卵を置いて逃げてしまいます。

その後の展開は大体あらすじの通りです。

仲直りのために母ウズラが要求したのが祝いの酒と魚だったので、父ウズラは酒は人間の酒屋からカタツムリの殻で盗み(したたかに叩かれて追いかけられますが)、鯛は死にそうになりながら海で捕まえました。

その後は微笑ましいイクメンパパになってましたね(笑)
投稿ツリー
4件表示 (全4件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

51 人のユーザが現在オンラインです。 (39 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)