Re: 赤い椀

赤い椀 についてのコメント&レビュー投稿
昔、富山の朝日町に「おせん」という、7歳のみなしごの娘がいました。おせんは歌が好きな娘で、おせんが透き通った声で歌えば、村人たちは仕事の手を休めて聞き惚れました。 おせん...…全文を見る

Re: 赤い椀

投稿者:とのむら 投稿日時 2012/7/1 9:22
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 |
白い米を食べることが、大変貴重な時代・・・今の世の中では、なかなかわかりませんが、この話を見ていると、今の物資に恵まれた時代に感謝しないといけないと思います。私の祖母は明治生まれでしたが、7?8歳で近くの家に子守に出されたと聞きました。そんな話と『赤い椀』の話を重ね合わせ、昔の小さな女の子たちの生活や苦労を考えてしまいました。
投票数:37 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)