Re: みそ豆ばなし

みそ豆ばなし についてのコメント&レビュー投稿
昔々、二人の武者修業の若い侍がある山の麓まで辿り着いた時、麓の茶屋の娘に打ち水をかけられてしまう。この仕打ちに二人は腹を立てるも、その娘のあまりの美しさに二人は服を濡ら...…全文を見る

Re: みそ豆ばなし

投稿者:araya 投稿日時 2012/5/15 20:35
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
原作は『栃木の民話』(日向野徳久,未来社)に収録されている「みそ豆は三里もどってでも食え」ですが、そちらには「豆を煮たもの」といった説明があったように記憶しています。また「味噌豆は縁起がいいから三里もどっても食うように」という伝承もありますね。
ただ、この作品。小林治さんらしい脚色がなされており、店の親父が娘に化けるあたりはなかなかの腕前。何度みても笑えます♪
投票数:1 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)