Re: 竹やぶから化けもの

竹やぶから化けもの についてのコメント&レビュー投稿
むかし、ある村に九右衛門辻子(くえもんずし)という小さな道があった。この道は2つの寺のある大きな森の中を通っており、森の中には道を横切る小川があった。小川には半分朽ちか...…全文を見る

Re: 竹やぶから化けもの

投稿者:araya 投稿日時 2011/12/28 6:07
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 |
『若狭・越前の民話』(石崎直義,未来社)によると、敦賀市で採録された話とのこで、舞台は泉村(もと泉区)にある「九右衛門辻子」と「めくら川」が交差するところにかかる土橋。
土橋を渡った九右衛門辻子の左手が良覚寺の乱塔場(アニメでは法覚寺の墓場)、右手が浄泉寺の竹やぶになります。敦賀市泉の周辺の寺を探すと、小川を渡ると浄泉寺があるロケーションがありましたが、良覚寺はありませんでした。ただ、めくら川周辺は竹やぶを含めて開発がなされ、当時の面影はないこと。浄泉寺の周辺は大小20近い寺社が集まる寺社町であること。九右衛門辻子の浄泉寺向かいの寺は寺名が曖昧であることなど。これらから、めくら川が暗渠や側溝に整備されている可能性、寺社町であれば寺の興亡も激しく、良覚寺も今はない寺である可能性などがありますので、それらを勘案した立地から、下記のポイントに九右衛門辻子の土橋があったものと推定しました。

http://g.co/maps/pv3jx
投票数:17 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)