Re: きつね女房

きつね女房 についてのコメント&レビュー投稿
ある山里に成信という若者が一人で住んでいた。 ある年の夏、成信が田んぼで仕事をしていると一人の娘が通りかかり、倒れ込んでしまった。 成信は家に連れて娘を介抱した。2、3日経...…全文を見る

Re: きつね女房

投稿者:ゲスト 投稿日時 2021/5/9 9:10
今日放送されていましたが、結末が少し変わったのかも。
成信ともりめが女房を探しに回るが見つからず、途方に暮れて家に帰るとなにやら良い匂いが。
家には誰もいないはず。でもこの良い匂いはよく覚えてる。家に入ると人間の姿の女房が。

結局、村の人達にキツネだとバレてしまうが、キツネ女房は昼はキツネの姿で山に帰り、夜になると人間の姿で家族と共に過ごすという生き方にし、それからは家族末永く暮らしたようです。
キツネ女房を家族と共にさせたいというのと、キツネであるという枷の部分を上手く落とし所を作った感じです。
家族三人が川の字に寝ているシーンはとても心暖まりました。
投票数:17 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)