No.0053
きつねにょうぼう
きつね女房
高ヒット
放送回:0030-B  放送日:1976年05月01日(昭和51年05月01日)
演出:杉田実  文芸:沖島勲  美術:稲場富恵  作画:高橋信也
愛知県 ) 25026hit
あらすじ

ある山里に成信という若者が一人で住んでいた。

ある年の夏、成信が田んぼで仕事をしていると一人の娘が通りかかり、倒れ込んでしまった。
成信は家に連れて娘を介抱した。2、3日経つと娘はすっかり具合が良くなり、成信の身の回りを世話するようになった。成信が娘の素性を訪ねると、「ここにおいて欲しい」と言う。

こうして娘は成信と暮らし、よく働いた。その秋、二人は夫婦になり、男の赤ちゃんが産まれ、もりめと名付けた。しかし、もりめが重い病気にかかってしまい成信はつきっきりで看病をした。その甲斐あって、もりめは元気になったが、ほったらかしにしていた田んぼは荒れ放題になっていた。

成信はなんとか田んぼを耕したものの、明日1日で田植えをしなければならないと娘に話した。翌日、成信が田んぼに出かけると、田んぼに全部苗が埋まっていた。しかしそれはすべて逆さまに植わっていたのだ。そのこと娘に言うと、娘は田んぼへと走りだし、いつしか白い狐の姿になって走っていた。

そして「世の中よかれ、我が子にくわしょ。検見を逃がしょ、つと穂で稔れ」と歌うと、逆さに植わっていた苗がみなひっくり返った。しかし娘は狐であることを成信に知られたので、山へ帰らなければならなかった。成信は追いかけるが、娘は狐の姿になって消えていってしまった。

その年の秋、検見の役人がやってきたが、成信の田んぼだけは稲が実らず、成信は年貢を納めないで良いことになった。役人が帰ったあとに、稲の穂がどんどん実り、成信はいつまでも田んぼを眺めていた。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 5:50 )


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第2集(DVD第8巻)
VHS情報VHS-BOX第5集(VHS第47巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第20巻-第099話(発刊日:1977年10月20日)/童音社BOX絵本_第33巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/国際情報社BOX絵本パート1-第021巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第024巻(発刊日:1978年3月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「愛知県の昔ばなし」
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「関西地方の昔ばなし」
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「愛知地方の昔ばなし」
このお話の評価7.9167 7.92 (投票数 12) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 5:50 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 39  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 39  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
ゲスト  投稿日時 2017/1/31 21:22
狐が化けた女性でも妊娠するんですね…驚きです。
ゲスト  投稿日時 2016/2/16 15:35
とても美しいお嫁さんで印象的です
最後の人間から白い狐の姿に戻っていくところで薄紫のつた?が体に巻き付いていて幻想的
田んぼが実らなかったのも、成信のために魔法をかけていたからなんてどこまでも出来たお嫁さんです
銀次  投稿日時 2015/11/23 20:43
粋で悲しいお話ですね。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

45 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)