Re: 二ツ池の龍

二ツ池の龍 についてのコメント&レビュー投稿
むかし伊勢の二ツの池に雄龍と雌龍の夫婦がいた。 悠久の時が過ぎ、いつしか土地に人間が住み着く時代となる。雄龍は人間たちの焚く火や振る舞いが面白くなく、嵐を起こしたり雷を...…全文を見る

Re: 二ツ池の龍

投稿者:ゲスト 投稿日時 2020/7/11 21:27
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
動物、人間、更には龍や神類の類などそれぞれにはそれぞれの事情がある。
一義的にどちらが正しくどちらが悪と線引きすることはできない。
そのため、お互いに折り合いを付けて双方が共に生きる道を探していく必要がある(これは映画「もののけ姫」にも通じる考えである)。
そしてこの話の猪のように、相手を認められず排斥しようとしたり利益を独占したりしようとすると必ず争いが生じ、互いにとって悲惨な結果を生じうるのである。

共存精神について考えさせられる良いお話であった。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

37 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)