No.0607
ふたついけのりゅう
二ツ池の龍

放送回:0380-A  放送日:1983年02月19日(昭和58年02月19日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:なかちか東  作画:須田裕美子
三重県 ) 11654hit
あらすじ

むかし伊勢の二ツの池に雄龍と雌龍の夫婦がいた。

悠久の時が過ぎ、いつしか土地に人間が住み着く時代となる。雄龍は人間たちの焚く火や振る舞いが面白くなく、嵐を起こしたり雷を落したりと人間を立ち去らせようとする。しかし人間はたくましく乗り越え、雄龍もいつしか人間たちを認めたい気分になっていった。

そんなある日、人の夫婦が畑に出ていると一頭の大きな猪が作物を荒らしていた。夫は作物を守ろうと猪に打ちかかるが、歯牙にもかからない。

様子を見ていた雄龍が猪に言う。人間を認め邪魔をするのはよさぬかと。猪は聞かず、逆に人に肩入れしようという雄龍に挑みかかる。

戦いは激烈を極めた。力は龍が一枚上であったが、猪の猛進のため火が起り、二ツ池の周辺は大火事になってしまう。戦いには敗れた猪だが、その大火のため雌龍が池に閉じ込められてしまった。雄龍は雌龍を救うために大火を呑み込みはじめた。

やがて大火は引き、雌龍は天に逃れることができたが、炎を呑みつづけた雄龍はその体を炭と化し、再び起きることはなかった。 

(引用/龍学-dragonology-)


参考URL(1)
http://www.hunterslog.net/dragonology
ナレーション市原悦子
出典三重県
DVD情報DVD-BOX第9集(DVD第42巻)
場所について伊勢市楠部町156−6 松尾観音寺の二ツ池
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:伊勢市楠部町156−6 松尾観音寺の二ツ池
追加情報
講談社の300より書籍によると「三重県のお話」
このお話の評価6.0000 6.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/17 2:49 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 28  件):   <前  1 ..  7  8  9  10  11  12  13  .. 28  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
二ツ池の龍  投稿日時 2016/2/14 19:59
三重のむかしばなし 二ッ池の龍
https://www.kankomie.or.jp/mMukashi/detail/mukashi5_oto.html 
二ツ池の龍  投稿日時 2016/2/13 18:00
龍神伝説が残る最古の厄除観音 龍池山 松尾観音寺(三重県伊勢市楠部町松尾山)
約1300年前の奈良時代始め(712年)当時の高僧「行基」が伊勢神宮参拝の折、この松尾山に雄・雌の龍が住むと伝えられる池が有ることを知り、その池のほとりに自ら観音様を刻み、寺を創建したと伝えられております。霊験あらたかなご本尊『十一面観世音菩薩』と脇仕の『地蔵菩薩』『毘沙門天』と龍神伝説に因み、「災難除け」「縁結び」などにたいへんご利益があるとされ、たくさんの参拝者が訪れます。
龍池山 松尾観音寺ホームページhttp://matsuokannonji.com/
ゲスト  投稿日時 2014/10/13 22:08
真のヒーローは、誰にも知られること無く偉業を成し遂げ、またひっそりと去るとはよく言ったもんだ
(話が残ってる以上誰かが見てたんだろうけど)
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

52 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)