このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0002
かさじぞう
笠地蔵
高ヒット
放送回:0001-B  放送日:1975年01月07日(昭和50年01月07日)
演出:まるふしろう  文芸:平見修二  美術:阿部幸次  作画:上口照人・樋口雅一
東北地方 ) 116701hit
お地蔵様が笠をもらったお礼に福を授ける

年も暮れようとする頃の話。

雪深い山の中に住む夫婦は、正月を迎えるにも米一粒すら残っていなかった。そこで女房が作った髪飾りのかせ玉を町に売りに行くことにした。

男が地蔵峠を通ると、お地蔵様の頭の上に雪が積もっていたので雪を払ってあげた。大晦日の夕方、町についた男はそこでかせ玉を売るが、一向に売れない。と、そこに笠売りのおじいさんがやってきた。笠売りのおじいさんもまったく笠が売れないので、二人はそれぞれの売り物を交換することにして家路についた。

その途中、男がまた地蔵峠を通ると、お地蔵様は寒そうに佇んでいる。やさしい男はお地蔵様の頭に笠をかぶせてあげた。そして家に帰り、そのことを女房に話すと、それは良いことをしたと言い、女房も喜んだ。

さて、その夜夫婦が寝ていると、外で物音がする。出てみるとそこには米・野菜・果物・着物などがたくさん置いてあった。二人の目には、遠くに峠のお地蔵様が帰って行くのが見えた。こうして二人は無事に正月を迎えることができた。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 14:36 )


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
備考狢工房様のサイトによれば演出は藤本四郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第9巻-第045話(発刊日:1976年11月10日)/童音社BOX絵本_第62巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/国際情報社BOX絵本パート1-第041巻(発刊日:1980年かも)/二見書房まんが日本昔ばなし第5巻-第20話(発刊日:2005年12月19日)/講談社デラックス版まんが日本昔ばなし第21巻(絵本発刊日:1985年01月15日)/講談社テレビ名作えほん第010巻(発刊日:1977年9月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「東北地方の昔ばなし」
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(童音社編集部)には、地名の明記はない
講談社のデラックス版絵本より細い道の片隅で、静かな笑みを浮かべて、立っているお地蔵さん。お地蔵さんは、昔の人々にとって、ごく身近な存在でした。この話も”地蔵信仰”の話のひとつです。貧しいけれどやさしい男が、お地蔵さんを雪と寒さから守ってあげようと、笠をかぶせてあげることから物語は展開します。昔の庶民の貧しくともくよくよしない、あっけらかんとしたたくましさと、石でできたお地蔵さんにも人と同じように接する優しさに、感心させられます。お地蔵さんが並んで歩いてくるという面白さも、この話を楽しいものにしているようです。(東北地方の昔ばなし)
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「東北地方の昔ばなし」
8.8889 8.89 (投票数 18) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 14:36 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)