トップページ >  お話データベース >  近畿地方 >  和歌山県 >  酒が足らんさけ
No.0972
さけがたらんさけ
酒が足らんさけ

放送回:0613-A  放送日:1987年08月29日(昭和62年08月29日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:若林常夫
和歌山県 ) 6203hit
あらすじ

昔々のことじゃ。ある所にごんざという働き者の炭焼きがいた。

ごんざは人一倍の仕事をするが、毎晩、近くの町まで行って1升酒を飲まないと気がすまなかった。帰り道は川を渡って帰るのだが、酔いのせいでその橋は3本に見えた。

毎晩の暴飲を心配したごんざの女房が、お酒の量を半分に減らすよう戒めた。次の日、ごんざは仕方なく半分の酒しか飲まずに、帰路についた。

しかし、いつもは酔って3本に見えていた橋が、今日は2本にしか見えない。普段なら3本に見えた橋は真ん中を渡れば大丈夫だったが、今日は2本しかないのでどちらを渡ればよいか分からなかった。

ごんざはうっかり橋を踏み外して、川に落ちてしまい、生死の境をさまよった。これにより、やっぱりごんざは毎晩一升酒を飲むことにし、それで随分と長生きした。

(紅子 2011-7-6 0:41)


ナレーション市原悦子
出典徳山静子(未来社刊)より
出典詳細紀州の民話(日本の民話56),徳山静子,未来社,1975年04月25日,原題「酒が足らんさけ」,採録地「新宮市」,老の寝覚物語より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価7.6667 7.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/7/6 0:41 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 22  件):   <前  1 ..  8  9  10  11  12  13  14  .. 22  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
ゲスト  投稿日時 2015/6/18 19:15
酒が足らんさけ~新官市~

 酒にまつわる話は多い。しかも、その多くは酒が故の失敗談であったり、そのしくじりが喧嘩口論に発展したというものだが、いまも新宮で語られるこの話は、いわば「酒飲みのへ埋屈」であり、そのために身近な笑い話として残ったものだろう。

 その主人公というのは、とにかく酒好き。仕事はよくするのだが、ヒマさえあれば酒を飲むという男。身内も口を酢っぱくして意見するのだが、一向にききめがない。
 そのうち、この男は酔って一本橋から足を踏み外し、川へ落ちてしまった。ところがそのいい分がおもしろい。
 「いつもは一升飲んで渡ると、一本橋は三本に見える。そこでまん中を通る。だが今日は七合しか飲まなかったせいか、二本にしか見えなかった。どっちへ行こうかと迷っているうちに落ちてしまった」と。

http://homepage1.nifty.com/makoto-s/minwa/7002.htm
ゲスト  投稿日時 2015/6/18 19:11
のん兵衛は身上を潰すんだけどね
ゲスト  投稿日時 2015/3/2 22:48
飲むなw
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)