No.0970
つきがせ
月ガ瀬

放送回:0611-B  放送日:1987年08月15日(昭和62年08月15日)
演出:上口照人  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:上口照人
岐阜県 ) 10282hit
あらすじ

むかし、飛騨の山あいを流れる小鳥川(ことりがわ)に沿って余部(あまりべ)という小さな山里があり、この村に九郎兵衛(くろべえ)という百姓夫婦が住んでいた。

この夫婦の間には信夫(しのぶ)という一人娘がいたが、信夫は娘の盛りをとうに過ぎても嫁にも行かず一人身であった。それと言うのも、信夫は色が黒く器量が悪かったからだ。そんな娘を思い、九郎兵衛夫婦はいつも胸を痛めるのだった。

そんな信夫が25歳を迎えた夏の終わりのこと。この日は年に一度の盆踊りの日。信夫もお祭りに行くように両親に促され、仕方なく家を出たものの、どうしてもお祭りに行く気にはなれなかった。不器量な信夫のことを、村の人たちが陰口を言っている気がしたからだ。

信夫の足は自然と氏神様とは反対の川辺の方へと向かい、気がつくと信夫は小鳥川に架かる小さな橋の上に立ち、水面(みなも)に映る満月を見つめていた。月を見ているうちに、不器量なために嫁にも行けない自分の切ない気持ちが胸のうちにこみ上げて来る。

すると何を思ったのか、信夫は水面に映った月をすくうように手で水を汲み、その水を飲み干してしまった。すると、その次の年の氏神様の祭りが近づいた頃、なんと不思議なことに、信夫は丸々とした輝くばかりに美しい男の子を産み落とした。そしてこの子は都に出て、後の世まで名を知られる飛騨の匠(ひだのたくみ)になったと伝えられている。

信夫が水面に映った月影を飲み干した小鳥川の淵は月ヶ瀬と呼ばれ、その後二度と月影を映すことはなかったという。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2011-10-8 17:08 )


参考URL(1)
http://hidasaihakken.hida-ch.com/e30649.html
ナレーション常田富士男
出典江馬三枝子(未来社刊)より
出典詳細飛騨の民話(日本の民話15),江馬三枝子,未来社,1958年12月20日,原題「月ガ瀬」
場所について岐阜県の月ヶ瀬(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:岐阜県の月ヶ瀬(地図は適当)
追加情報
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/8 20:26 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 47  件):   <前  1 ..  29  30  31  32  33  34  35  .. 47  次>  
コメント一覧
6件表示 (全6件)
ゲスト  投稿日時 2015/8/27 1:26
どこに追い出したとか、村八分になったとか山奥で一人育てたとか書いてあんの?
ゲスト  投稿日時 2015/2/5 0:33
誰とも結婚せずに妊娠、出産したことを
恥じた両親はしのぶを家から追い出し
村八分同然になった彼女は
山奥でたったひとりで
出産、子育てをし
息子は大成したのだから
しのぶの人生は
結果オーライだったのでしょう。
トモメル  投稿日時 2014/4/24 23:52
紅子さま

このお話はかなり古いお話のようですね
叔母が日本最初の尼僧・善信尼(嶋)だったように
鞍作止利は、身分が高かったようです

神話によくある、太陽や月、星を父とする、
王や英雄の出生譚のようです

月は仏教の象徴ですので、仏師だから月なのかも知れません
トモメル  投稿日時 2014/4/24 16:33
鞍作止利・鞍作鳥(くらつくりのとり)2008/09/03
http://hiyoko.tv/torimono/name/eid278.html

飛鳥時代を代表する仏師。
本名・司馬鞍作部首止利仏師 (しばのくらつくりべのおびととりぶっし)
止利仏師。
生没年不詳。
祖父は朝鮮半島(百済)からの渡来人・司馬達等。
叔母は日本最初の尼僧・善信尼(嶋)。
聖徳太子・蘇我馬子に重用された。

【代表作】
・法隆寺金堂本尊銅造釈迦三尊像(623年)
・飛鳥寺本尊の釈迦如来坐像(飛鳥大仏)(606年)
 ※後世の補修により、当初の部分は頭部の上半分、左耳、右手の第2・3・4指に
  残るのみとされ、止利仏師の作と呼ぶことに否定的な意見もある。

その他「止利様式」と呼ばれる同系統の仏像が現存。
玉虫厨子も止利様式(昔は止利の作と習った記憶が)と言われる。

【止利様式の特徴】
・古式の図式的な衣文・ふかぶかと両肩を覆う服制(中国北魏様式)
・左右対称で安定感がある
・杏仁形(アーモンド形)の眼
・アルカイックスマイル(古式の微笑)をうかべた仰月形(ぎょうげつけい) の唇
・太い耳朶(耳たぶ)
・首に三道(3つのくびれ)を刻まない

日本の伝統工芸作品の職人技で新造された“平成の玉虫厨子”→ 平成プロジェクト『蘇る玉虫厨子』 2008/09/03 Wed
マルコ  投稿日時 2013/8/24 16:45
ほうほう・・・あの有名な鳥仏師ですか・・・。
飛騨の匠って聞くと、なんかかっこいいですね!!
beniko  投稿日時 2013/8/23 19:54
信夫(しのぶ)が生んだ子がやがて大きくなって、鞍作鳥(くらつくりのとり)という名の飛騨の匠になったそうです。(出典本より)
投稿ツリー
6件表示 (全6件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

13 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)