No.0953
ねこおどり
ねこおどり

放送回:0600-A  放送日:1987年05月23日(昭和62年05月23日)
演出:山田みちしろ  文芸:沖島勲  美術:大野広司  作画:山田みちしろ
秋田県 ) 9474hit
だらしない嫁を飼い猫がやっつけようとした話(未遂)

昔、秋田の鹿渡(かど)という所にジュンショ?という家があった。ここの嫁は良く働くがだらしがなく、家の事や子供の面倒を見るのは好きではなかった。

ある日、家の上がり口に脱ぎ捨てていた着物の裾がぬれていた。嫁は、子供が寝小便をしたのかと思い叱ったが、子供は寝小便もしてないのにそれが何日も続いた。おかしいと思った嫁が夜中に見張っていると、飼い猫のタマがほったらかしの着物を羽織って外へ出て行った。

驚いた嫁が追いかけると、タマは墓場の先の小さなお堂に入っていった。そこは村中の猫たちが集まって、ろうそくの火を中心に輪になって踊っているのだった。猫たちは「ジュンショの嫁がだらしないのでやっつけれ」と、大合唱しはじめた。

怖くなった嫁は、走って家に戻りそのまま気を失った。朝になり目が覚めると、そこには脱ぎ捨てられた着物が置いてあり、やっぱり着物の裾は濡れていた。嫁は「だらしのない事をタマが諭してくれたんだ」と思い、それからは家の事も子供の面倒も見るようになった。

(紅子 2011-11-28 3:28)


ナレーション常田富士男
出典秋田のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細秋田のむかし話(各県のむかし話),秋田県国語教育研究会、秋田県学校図書館協議会,日本標準,1974年06月10日,原題「ねこおどり」
場所について秋田の鹿渡(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:秋田の鹿渡(地図は適当)
追加情報
このお話の評価8.7500 8.75 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/28 3:28 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 32  件):   <前  1 ..  17  18  19  20  21  22  23  .. 32  次>  
コメント一覧
9件表示 (全9件)
ゲスト  投稿日時 2015/10/30 19:51
化け猫(ばけねこ)
夜、七つになる子どもの着物を屏風に掛けておくと、毎朝その着物が濡れている。酒屋から「子どもが毎晩酒を買いに来る。代金が溜まっている」と言われる。親父が夜、長畑の地蔵さんの杉林を通ると、「太郎助親父、今夜も酒を買って来たかァ」と言う声が聞こえる。親父は、俺の猫のことだなと思って、試しに「ちゃっこ(猫)」と呼ぶ。すると「にゃおー」と鳴いて出てくる。秘密を知られた猫は、その後姿を見せなくなる。
話者は辻ハルエ。明治40年6月1日 秋田県北秋田郡阿仁町水無湯口内生まれ。
http://namahage.is.akita-u.ac.jp/monogatari/show_detail.php
ゲスト  投稿日時 2015/10/30 19:43
いつも屏風に七つになる子供の着物を掛けて寝るのだが、朝になるとその着物が濡れていた。おやじが隠れて見張っていると、猫が子供の着物を着て、毎晩酒を買いに出かけるのだった。そのことが知れた猫は、それから姿が見えなくなった。
北秋田郡阿仁町中村
http://namahage.is.akita-u.ac.jp/monogatari/show_detail.php
ゲスト  投稿日時 2015/10/30 19:32
鹿渡町(かどまち)は秋田県山本郡(やまもとぐん)(旧:檜山郡(ひやまぐん))にあった村。現在の三種町南西部にあたる。本項では町制前の名称である鹿渡村(かどむら)についても述べる。
山 : 筑紫岳、高岳山 湖沼 : 八郎潟
歴史
江戸時代、久保田藩に属していた。
1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、鹿渡村、鯉川村、天瀬川村の区域をもって鹿渡村が発足。
1932年(昭和7年)1月1日 - 鹿渡村が町制施行して鹿渡町となる。
1955年(昭和30年)4月1日 - 上岩川村と合併して琴丘町が発足。同日鹿渡村廃止。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BF%E6%B8%A1%E7%94%BA
ゲスト  投稿日時 2015/10/30 19:23
安兵衛の猫(やすべえのねこ)
秋田県北秋田市阿仁荒瀬 「秋田・阿仁町高堰昔話集」
安兵衛という家で不思議なことが起き、子供の着物が毎晩のように濡れていた。その家の親父が町に行った帰り遅くなったので近道を通ると狐や山鳥など獣が居て、自分の家の猫が子供の着物を着て踊っていたので、着物が濡れる理由に気づき、マタギを頼んで、猫が眠るのを狙ったが、逃げてしまった。あちこちから安兵衛やーいと叫ぶので、どどーんどどーんと撃つと猫も獣も居なくなった。http://namahage.is.akita-u.ac.jp/monogatari/show_detail.php
ゲスト  投稿日時 2015/10/30 18:58
猫踊り(ねこおどり)
猫踊りが上手な婆の家で嫁をもらった。
みんなが稼ぎに行き嫁と猫だけになると、猫は踊りを踊るから嫁に囃子方をやれと言う。「できない」と断ったが、教えるからと猫は歌いながら踊った。踊り終わると「このことは誰にも言うな。言うと命がない」と釘を刺される。しかし、あまりに面白かったため、夫と二人の時に一部始終教えた。そのとたん猫が飛び出してきて、嫁の喉仏に食いつき、殺してしまった。
話者は佐藤ジュンコ。大館市 谷地町76歳
http://namahage.is.akita-u.ac.jp/monogatari/show_detail.php
ゲスト  投稿日時 2015/10/30 18:56
ねこじやおどり
月夜の晩にお寺の後ろの墓所で何か騒ぐ音が聞こえると村で評判になったころ、魚屋の一歳になる娘の着物が朝になると濡れていた。魚屋の兄が着物の番をしていると夜中に魚屋の古猫のミケが人間に化け、娘の着物を着てお寺の墓所に行った。そこには二つ三つになる男女の着物をきた化け猫達が八匹も居た。どの猫も下駄を履き、手ぬぐいを被り「ねこじゃ、ねこじゃ・・・」と、手拍子足拍子で踊りだした。朝になると、猫は元の猫の姿で知らぬふりをしていた。
鹿角郡八幡平村
http://namahage.is.akita-u.ac.jp/monogatari/show_detail.php
ゲスト  投稿日時 2015/10/30 18:22
ねこの盆踊り と同じでねこはよく踊るのですね。
yassan  投稿日時 2011/11/28 6:03
「じゅんしょ」と言うのは、この家の屋号かもしれませんね。
ゲスト  投稿日時 2011/9/5 1:56
この嫁、幼児虐待!ネグレスト!!
投稿ツリー
9件表示 (全9件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (27 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)