トップページ >  お話データベース >  九州地方 >  熊本県 >  はなたれ小僧さま
No.0092
はなたれこぞうさま
はなたれ小僧さま
高ヒット
放送回:0056-A  放送日:1976年10月30日(昭和51年10月30日)
演出:樋口雅一  文芸:沖島勲  美術:竹内靖明  作画:高橋信也
熊本県 / 新潟県 ) 29619hit
あらすじ

昔ある所に貧しい爺さんがおり、薪を担いで売りにいったが、その日は一把も売れなかった。

帰り道くたびれ果てた爺さんは竜神さまを祀る祠の前の川で、竜神さま使ってくださいとその薪を流した。すると女が現れ、薪の礼に何でも願いを叶えてくれるはなたれ小僧さまを授けましょうと言う。

あまりに汚い小僧さまだったので爺さんは邪険にしたが、試しに立派な家を出してくれと言うと、あばら屋が御殿になった。これは本当に竜神の子と次々願いを叶えてもらい爺さんはすっかり大金持ちになった。

しかし、小僧さまを連れてきた女との約束の日に三度の「エビナマス」を与えることも面倒になって来た爺さんは、欲しいものはみんな貰ったし、小僧さまにもう竜神さまの所へ帰ってくれと頼む。

小僧さまは頷き去るが、途端に家はボロ屋に、爺さんはもとの貧しい爺さんに戻ってしまった。

(引用/龍学-dragonology-)


参考URL(1)
http://www.hunterslog.net/dragonology
ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第8集(DVD第39巻)
VHS情報VHS-BOX第6集(VHS第59巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第13巻-第065話(発刊日:1977年3月15日)/童音社BOX絵本_第54巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/講談社テレビ名作えほん第028巻(発刊日:1978年5月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「新潟県の昔ばなし」
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「熊本県の昔ばなし」
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「新潟地方の昔ばなし」
このお話の評価7.9091 7.91 (投票数 11) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/6/28 15:16 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 40  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 40  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)