No.0917
ゆめとざいほう
夢と財宝

放送回:0578-A  放送日:1986年12月13日(昭和61年12月13日)
演出:又野龍也  文芸:沖島勲  美術:安藤ひろみ  作画:又野龍也
福井県 ) 5603hit
あらすじ

昔、越前のある村に源治(げんじ)という一人者の男が住んでいました。源治はろくに働きもしないで、何か楽に儲けられないかといつもいつも思っていました。

年の瀬を迎えた早朝、あたりには霜が降りてすっかり白くなっていました。そんな中、隣に住む働き者の爺さんが、霜の降りている庭に出て何かを探しているようでした。

隣の爺さんは「菅笠(すげがさ)程のサイズで丸く霜の降りてないところを掘ると、宝が出てくる」という夢のお告げを信じて、一生懸命探していたのです。

それを知った源治は、夜の間に爺さんの家の前に菅笠を置いて、丸く霜の降りていない場所を作りました。翌朝、そうとも知らない爺さんは、源治の作った丸い場所を見つけて、さっそく掘り始めました。

源治は「騙されているとも知らないで」と笑って見ていましたが、なんと驚いたことに本当に小判の詰まった壺がでてきました。これには源治も驚き、自分の家の庭でもやってみようと考えました。

その夜、源治は有り金全部をはたいて、沢山の菅笠を買って自分の庭に敷き詰めました。翌朝、霜の降りていない菅笠の下をあちこち掘ってみましたが、どこを掘っても宝など出てきませんでした。

(紅子 2013-10-14 15:05)


ナレーション常田富士男
出典杉原文夫(越前の民話)より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価6.3333 6.33 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/14 15:05 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 26  件):   <前  1 ..  11  12  13  14  15  16  17  .. 26  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

36 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)