トップページ >  お話データベース >  九州地方 >  熊本県 >  天狗のかくれみの
No.0085
てんぐのかくれみの
天狗のかくれみの
高ヒット
放送回:0052-A  放送日:1976年10月02日(昭和51年10月02日)
演出:樋口雅一  文芸:沖島勲  美術:山守啓陽  作画:上口照人
熊本県 ) 21275hit
天狗から隠れ蓑をだまし取ったイタズラ少年の話

ただの竹筒を遠眼鏡だといって覗く男。だまされた天狗は隠れ蓑と交換してしまい、男が消えた後でだまされたことに気づく。

隠れ蓑を手に入れた男はいろいろいたずらをするが、ある日母親に燃やされてしまう。

そこで灰を全身に被って消えていたずらを再開するが、店のおはぎを盗み食いしたことで口の灰が取れて見えるようになってしまう。逃げ回っている間に水たまりを踏んで灰がさらに減り、しまいには川に落ちて完全に見つかってしまう。

オチは、その醜態を天狗が竹筒で覗いて笑うというもの。

(投稿者: jerald 投稿日時 2011-11-24 22:40 )


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
備考彦八は彦一の八番目の息子
DVD情報DVD-BOX第9集(DVD第45巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第12巻-第060話(発刊日:1977年2月15日)/童音社BOX絵本_第50巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/国際情報社BOX絵本パート1-第033巻(発刊日:1980年かも)/二見書房まんが日本昔ばなし第14巻-第54話(発刊日:2006年8月30日)/講談社テレビ名作えほん第014巻(発刊日:1977年11月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「熊本県の昔ばなし」
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説には地名の明記はない
このお話の評価8.4545 8.45 (投票数 11) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/24 23:14 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 40  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 40  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
成吉思汗  投稿日時 2015/6/5 11:50
調子に乗っていたずらするとダメっていう戒めですなあ…でも、この彦八は灰を塗る時に全裸になるんですね。別の絵本の挿絵だと褌ないしは襦袢、腹掛けと下着姿だったので、これを見たときはビックリでした。あれでは知恵者どころか変質者…(´・ω・`)

新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

44 人のユーザが現在オンラインです。 (36 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)