トップページ >  お話データベース >  九州地方 >  河童のくれた妙薬
No.0081
かっぱのくれたみょうやく
河童のくれた妙薬

放送回:0049-A  放送日:1976年09月11日(昭和51年09月11日)
演出:児玉喬夫  文芸:沖島勲  美術:山守啓陽  作画:樋口雅一
九州地方 ) 16467hit
あらすじ

昔、ある村でのことです。秋祭りの相撲大会の練習を子ども達がやっていると、見知らぬ小さな子どもが一人で相撲を眺めていました。それに気づいた村の子どもの「でこやま」が相撲をしてみると、いとも簡単に投げ飛ばされてしまいました。

それを見た他の子どもたちはびっくりして、一番相撲の強い「五作(ごさく)」を呼んできました。五作はその子と相撲をとって勝ちましたが、五作が家に戻る途中、その子は追いかけてきて言いました。「明日は仏さんの飯(まんま)食べずに来い。そうしたら俺が勝つ」

五作は不思議に思ってそれをお祖父さんに相談しましたが、お祖父さんは笑って「だったら明日は仏さんの飯食べずに行きなさい」と言いました。

次の日、五作がその子と相撲をとると、今度は負けてしまいました。勝ったその子は「仏さんの飯食べてこなかったんだな。約束を守ったな」と嬉しそうに言い、五作もなんだか嬉しくなりました。

ところが、でこやまの兄貴は「仏さんの飯などと言うのは怪しい。お前、河童だな」とその子に詰め寄り、木の棒で殴りかかりました。しかし、五作のお祖父さんが止めに入って、河童の子を助けてあげました。お祖父さんはその子が河童の子であることに気づいていたのです。

そして、五作はお祖父さんと一緒に「よも川」の上流にある沼まで河童の子を送ってやりました。河童の子が沼にはいると、河童のお祖父さんが現れて、助けてくれたお礼として河童しか知らない薬の作り方を五作のお祖父さんに教えてくれました。

河童が教えてくれた妙薬は、打ち身やくじきに非常によく効きました。村の子どもたちは五作に妙薬を塗ってもらって相撲の練習に励んだことでしょう。

(投稿者: もみじ 投稿日時 2012-7-4 19:05 )


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第5集(DVD第23巻)
VHS情報VHS-BOX第2集(VHS第20巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第19巻-第095話(発刊日:1977年9月20日)/講談社テレビ名作えほん第032巻(発刊日:1980年11月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「九州地方の昔ばなし」
このお話の評価8.2667 8.27 (投票数 15) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/7/4 20:20 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 12  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 12  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
華煌  投稿日時 2016/7/22 21:14
人間も河童も道義を守る、いいお話ですね。
ほっこり幸せな気持ちになりました。
こんな気持ちを今の子どもたちにも、味合わせてあげたいです。
yassan  投稿日時 2015/5/10 10:15
確認したところ五作でした。該当箇所を訂正しました。ご指摘ありがとうございました。
主人公の名前  投稿日時 2015/5/9 21:34
五助(ごすけ)ではなく五作(ごさく)ではなかったでしょうか??
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

34 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)