トップページ >  お話データベース >  四国地方 >  愛媛県 >  お舟にもうし
No.0805
おふねにもうし
お舟にもうし

放送回:0506-A  放送日:1985年07月27日(昭和60年07月27日)
演出:前田康成  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:前田康成
愛媛県 ) 10820hit
あらすじ

昔瀬戸内の海に由利島という小さな島があった。由利島には不思議な言い伝えがあった。

それは真夜中ともなると、潮待ちで止まっている舟に「お船にもうし…お船にもうし…」という声が聴こえて来て美しい女の幽霊が現れるという。こんな噂が立ってから由利島に止まる舟はなくなった。

そんなある夜、どこかの舟が潮に流されて由利島に錨(いかり)を下ろさねばならなくなった。船員が由利島の化け物について話していた所、船長が来て、その化け物に返事をした者はいないのかと問うと、船員が誰もいないらしいと答えた。

しばらくすると「お船にもうし…」という声が聴こえてきた。すると船長は「何の用じゃ、申してみい」と答えた。すると海の底から女が現れ、じっと黙って船長を見つめている。女が何も言わないので船長は船員に錨を上げろと言ったが、その時船員は皆人魂に取り憑かれ、正気を失っていた。

船長が急いで錨を上げていると、何かに肩を掴まれた。振り返るとそこにはさっきまで女の姿だった幽霊がガイコツとなって立っていた。そしてガイコツが船長にのしかかって来た瞬間、まばゆい光につつまれた。その瞬間船員達は正気に戻り、光の方へ近寄っていった。

するとそこには金、銀に埋もれた船長が倒れていた。気がついた船長は「あの女の霊が大阪へ連れ帰ってほしくて、ここで潮待ちする舟に頼んでいたのだという。そしてこの金、銀は大坂までの舟賃らしい」 と語った。

船長と船員は女の霊に手を合わせ、そして約束通り大坂まで辿り着いた。そしてこのたくさんの銭で「由利屋」という船具屋を始めた。店は結構繁盛したそうだ。そして今でも瀬戸内の一角に「おふねにもうし」という地名が残ってるらしい。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典中村博「愛媛県の民話」(偕成社刊)より
出典詳細愛媛県の民話(ふるさとの民話19),日本児童文学者協会,偕成社,1980年7月,原題「お舟にもうし」,採録地「温泉郡」,再話「中村博」
場所について由利島
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:由利島
追加情報
このお話の評価9.6667 9.67 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 22  件):   <前  1 ..  8  9  10  11  12  13  14  .. 22  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
マルコ  投稿日時 2014/2/3 16:54
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/itimuan/maru/old/aya1.html
より引用

由利千軒
 四国は愛媛県、松山沖20キロくらいの瀬戸内海に浮かぶ由利島は、現在は無人島でございますが、その昔は千軒の家があったといわれております。

 それがあるとき(弘安年中の1280年頃)、地震と津波によって沈降したというのが公式見解なのですが、ならば近く(?)の二神島などの忽那諸島にも大なり小なり影響があったはずですがそれは知られていません。

と言う話をネット上で見かけて、DASH島で廃屋から苔むしたかわらを失敬しているシーンを思い出しました。
その廃屋も由利千軒の一部だったのかなぁ・・・と思いました。
 

マルコ  投稿日時 2014/2/3 16:36
まんが日本昔ばなし研究所の書き込みで気になっていた「ザ!鉄腕DASH!!のDASH島が『お舟もうし』の『由利島』ではないか」という事。

『由利島』と『DASH島』地図で見てみたら同じではないかと思うほどよく似ている!!二つの島がつながっているところなんかが特に・・・。

これにはビックリだが・・・『DASH島』は『DASH島』としか書かれておらず、本当のところはわからない・・・。

http://www.ntv.co.jp/dash/
に『DASH島』について詳しく乗っています!!

ついでに
http://home.e-catv.ne.jp/naka/mukasi-hanasi/densetu/fune-ni-mousi/hune-ni-mousi-yurisima.htm
より引用

お舟にもうし (由利島に伝わる話)
今は無人島の『由利島』は、松山港の沖合いの伊予灘にあり、大小二つの島が砂州でつながり、それぞれ大由利、小由利と呼ばれ、面積は0.45k㎡。 その『由利島」に伝わる話。

 昔々のこと、瀬戸内海を行き来する舟は、潮まちをするために『由利島』の南の端に舟を止めていた。

 潮まちの舟に向かって、どこか遠くから、美しい女の声で幾度となく 「お舟に申すぅ」 「お舟に申すぅ」と、少し陰にこもった声が近づいてきていた。

舟の者たちは、恐れ「ばけもんじゃ」、「ばけもんの声じゃ」と慌てていかりを揚げて島を離れていた。

 こんな話が広がって、近くを通る舟の船頭たちは、「由利島にだけは舟を止めるな。あそこには、化けもんがおるでの」と潮まちをしなければならない程流れが悪くても『由利島』へ行かなかった。

 ところがある時のこと、それを知ってか知らずか、一艘の舟が、急に変わった潮に流され『由利島』に錨をおろした。「やぁれ、困ったものじゃ、このあんばいじゃ、夜明けまでまっとらんといけん。ゆっくり身体を休めておけや。」という訳で、早々と眠りについた・・・。

 真夜中のこと、山の中腹とおぼしき辺りから「お舟に申すぅ」 「お舟に申すぅ」と、少し陰にこもった声がして、舟の方に近づいてくる。

 その声に目を覚ました船乗りたちは、眠い目をこすりながら、舟から島のほうを見ると、この世のものと思われぬ美しい女が、陰にこもった気持ちの悪い声で「お舟に申すぅ」 「お舟に申すぅ」と、言いながら走ってくる。

 逃げようにも錨をあげる隙もない。あっという間に女は舟に飛び移った。そのとたんドン・ガラ・ビシーン となんとも凄い音がして、舟がぐらっと揺れた。 船乗り達は、いっとき目をつむり、おそるおそる目を開けた。 女の乗った辺りを見ると、女の姿は無く、まばゆい光が、舟を明るくしている。

 船乗り達は、おそるおそる声もたてずに光の方に近づいて行った。 なんと、そこには金・銀・銅の銭が、どーんとかたまっていた。 「あじゃぁ、これはどげんしたちゅうこっちゃぁ。」
 しばらくして舟長(ふなおさ)が言った。 「ほうじゃぁ、あの女、わしらの舟が大阪に行くのを知りおって、大阪につれて行ってもらいたいもんで、『お舟にもうすぅ。』と、言うたんじゃ。のう、みなの衆・舟を沈まさんように、大阪まで旅しょうや。」 「ほうか、この銭、大阪までの舟賃という訳じゃな。」

 という訳で夜明けになると舟をだした。 何日もかかって無事大阪に着いた。 「はて、このぎょうさんの銭で何をしようのう。」と舟乗りたちは、相談した。 「そうじゃぁ、わしら舟乗りじゃけん、舟具屋さんなら、いい品が置けるがのぉ。」ということで舟具屋を始めた。屋号も『由利島』の銭で出来た店なもので【由利屋】と名付け、店は繁盛したと云う。

 『由利島』は今は無人島であるが、昔は、長者屋敷があり、その一角に≪お舟にもうし≫という地名が残っていたという

投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)