トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  北陸地方 >  福井県 >  シジミの恩返し
No.0752
しじみのおんがえし
シジミの恩返し

放送回:0473-A  放送日:1984年12月08日(昭和59年12月08日)
演出:森川信英  文芸:沖島勲  美術:渡辺由美  作画:森川信英
福井県 ) 8637hit
あらすじ

昔、福井県上中の里に親を亡くした幼い姉弟がおって、姉は近所の手伝い、弟は薪運びをして細々と暮らしておった。

ある嵐の日、弟が山から帰ってくる途中、小川の中から助けを求める声が聞こえてきた。それは急流に流されているシジミの子供達じゃった。弟はシジミの子供達を助けようとしたが、川に落ち流されてしもうた。

しばらくして、心配して探しに来た姉がなんとか弟を川から助け上げたが、その夜から弟は高い熱を出して寝込んでしもうた。姉は夜通し看病したが、弟の病は重くなる一方じゃった。

翌日、まだ土砂降りの雨の中を姉は水を汲むために小川に出かけた。すると、またシジミの子供達が急流に流されながら助けを呼んでおった。姉は急いで石を川底に沈めて溜まりを作り、そこにシジミの子供達を導いて急流から助けてやった。

シジミの子供達は姉に感謝し、さらに自分達を家族のいる川上の池に戻してくれないかと頼んだ。姉は一旦家に戻り、弟の具合を見てから、もう一度小川に行って、シジミの子供達を集めて川上の池まで運んでやった。こうしてシジミの子供達は助けられ、家族の元に帰れたのじゃった。そうするうち、雨はいつの間にか止んでおったそうな。

翌日はすっきりと晴れたが、弟の病は一向に良くならなかった。そこへトントンと戸をたたく音がする。姉が戸を開けてみると、昨日助けたシジミの家族が大勢訪ねて来たじゃった。シジミの長老が進み出て姉にお礼を述べ、恩返しに宝の水と味噌を姉に贈った。

姉がシジミに言われた通り、宝の水と味噌で味噌汁を作り弟に飲ませると、弟の顔色が良くなり熱が下がった。姉も飲んでみると疲れが取れ、体中が生き生きとしてきた。シジミにもらった味噌汁は飲んでも飲んでも減らず、それを飲んだ兄弟は元気でよく働いたので、暮らしは見違えるほど良くなり、姉弟はいつまでも仲良く暮らしたということじゃ。

 (投稿者:ニャコディ 投稿日時 2014/4/5 17:01)


ナレーション常田富士男
出典福井県
場所について三方上中郡若狭町の旧上中地区 (地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:三方上中郡若狭町の旧上中地区 (地図は適当)
追加情報
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/4/5 18:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 26  件):   <前  1 ..  7  8  9  10  11  12  13  .. 26  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
猫子  投稿日時 2015/6/27 14:20
この近くに、瓜割の滝という名水が湧いています。
このお話に出てくる宝の水と何か関係はないのでしょうか?
また、その瓜割の滝に関する昔話もありそうなのですが・・・
ゲスト  投稿日時 2014/11/27 23:28 | 最終変更
今の福井県若狭町の左半分の地域の昔話ですね。
山側の話だそうです。
__
若狭町の上中駅付近にピンを置きました。ありがとうございました。(2014/11/28)
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)