No.0698
おにのめん
鬼の面

放送回:0438-A  放送日:1984年04月07日(昭和59年04月07日)
演出:フクハラ・ヒロカズ  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:フクハラ・ヒロカズ
鹿児島県 ) 9372hit
鬼の面が取れなくなった嫁と信心深いばあ様の話

昔、鹿児島の伊集院の野田という村に、信心深いばあ様がいました。毎朝、村はずれの山の上のお寺にお参りに行くのを日課にしていました。

ところがそのお参りを快く思っていない嫁がいて、いつも毎日ブツブツ文句を言っていました。もちろん、ばあ様は寺参りで一日を過ごしていたわけではなく、畑仕事や孫の世話などよく働いていました。

ある朝の事、今日も朝一番で寺参りに出かけたばあ様の後を、嫁がこっそり追いかけました。ばあ様の寺参りをやめさせようと考えた嫁は、道途中のお堂に先回りして、お面をかぶってばあ様を脅かしました。驚いたばあ様は山を転がるようにして、家に逃げ帰りました。

ところが、すっかり日も暮れてから、嫁が頭から布をかぶってコソコソと帰ってきました。鬼の面がとれなくなってしまい、暗くなるまで待ってから人目に付かないように帰って来たというのです。亭主とばあ様がどう引っ張っても鬼の面はとれませんでした。

嫁の事を心配したばあ様は、毎日お寺にお参りしました。すると、ある朝ポロリと鬼の面が外れました。それからというもの、嫁もばあ様と一緒に毎朝お寺に参りするようになり、ばあ様にも優しく接するようになりました。

(紅子 2011-12-19 0:30)


ナレーション市原悦子
出典鹿児島県
DVD情報DVD-BOX第11集(DVD第54巻)
場所について日置市伊集院町野田(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:日置市伊集院町野田(地図は適当)
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第064巻(発刊日:1986年11月)
講談社の300より書籍によると「鹿児島県のお話」
このお話の評価8.0000 8.00 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/19 0:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 38  件):   <前  1 ..  15  16  17  18  19  20  21  .. 38  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
坊屋良子  投稿日時 2015/9/14 22:11
まん日ファンでおなじみの伊集院光氏は、名前が同じということでこの伊集院町を訪問したことがありますが、この話のことは知っていたのでしょうかね?
匿名希望  投稿日時 2014/11/27 15:47
ある意味、昔ばなし版「渡鬼」だ!
匿名希望  投稿日時 2014/7/17 16:46
ひどい鬼嫁だね~。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (31 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)