No.0655
ひゃくものがたり
百物語

放送回:0411-B  放送日:1983年09月24日(昭和58年09月24日)
演出:杉井ギサブロー  文芸:杉井ギサブロー  美術:馬郡美保子  作画:江口摩吏介
長野県 ) 17344hit
あらすじ

ある所に庄屋の息子、刀屋の息子、寺の小坊主がいて、この三人は暇を見付けて集まっては
悪さばかりしていた。

ある日寺に三人はまって何か面白いことがないかと相談していると、小坊主が村の者を集めて「百物語」をやろうと提案した。百物語とは深夜百本のろうそくを立てて怪談をし、ひとつ話し終える度にろうそくをひとつ消していき、百本目のろうそくが消えると本当に化け物が現れると言われる怪談会だ。

後日村の者を集めて百物語を始めた。そして99本目のろうそくが消えた時、小坊主が突然声を上げた。そこには幽霊と人魂が飛んでいて、皆肝をつぶして逃げ出した。だがそれは小坊主と庄屋の息子と刀屋の息子が仕掛けたお化けだった。全員逃げ出した後三人はまた酒を飲み始めた。

するとどこからか生臭い風邪が吹き、百本目のろうそくが消えた。ふと見ると女が立っている。こんな時刻におかしいなと思って観ていると、その女の口は裂け、声高らかに笑いだした。三人はそれに肝をつぶし、小坊主は気絶、刀屋の息子は逃げようとして戸板に頭をぶつけて気絶、庄屋の息子だけは転がるように山寺の道を書け下りて助かった。

後日、小坊主は気がふれて生まれた里へ帰され、刀屋の息子は半病人になって寝込んでしまった。庄屋の息子は何とか無事だったが、親父にこっぴどく怒られ、お宮さんに願をかけてもらいにお参りに行かされた。

今度ばかりは恐ろしかった息子は20日ばかり真面目に通っていたが、ある日お参りにいくと見知らぬ可愛い娘がうつむいている。声をかけると遠くの街へ売られる途中に逃げてきたのだ言う。ついスケベ心がわいた息子は娘を神社に誘い、神社の中でこれからの事を考えようと話した。そしてこれからは自分が面倒を見てやると言った。

すると娘は「こんな私でも?」と言って振り向くと、娘の顔が百物語をやった時の女の顔になった。庄屋の息子は肝をつぶし、それ以来気がふれたまま一生をすごした。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典瀬川拓男(角川書店刊)より
出典詳細太平の天下(日本の民話09),瀬川拓男,角川書店,1973年11年25日,原題「百物語」,伝承地「長野県」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価9.6154 9.62 (投票数 13) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 40  件):   <前  1 ..  22  23  24  25  26  27  28  .. 40  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
ファウストK  投稿日時 2017/10/9 22:29
個人的に好きな話の一つ。
内容自体は怖い話だけど全体的にコミカルなのが面白いです。
ゲスト  投稿日時 2016/9/1 17:43
いわゆる妖怪『青行灯』の怪談です。
怖いというよりは、「悪事身に返る」の教訓を語るためのお話でしょうね。
匿名希望  投稿日時 2013/8/7 10:48
イタズラ目的で百物語をやってバチが当たったんだよ!
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

43 人のユーザが現在オンラインです。 (27 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)