トップページ >  お話データベース >  関東地方 >  茨城県 >  角のある子馬
No.0649
つののあるこうま
角のある子馬

放送回:0407-B  放送日:1983年08月27日(昭和58年08月27日)
演出:池原昭治  文芸:沖島勲  美術:池原昭治  作画:今村春美
茨城県 ) 9333hit
あらすじ

昔、日立の国に野々平(のんのんだいら)という小さな山間の村があり、村はずれの丘の上に伊平衛(いへい)という男が一頭の雌馬を飼っていた。

この雌馬、ある日子馬を産んだのだが、なんとその子馬の頭には角が二本生えていた。この子馬を見た村の衆は、たいそう気味悪がり、伊平衛に子馬を始末するように言った。しかし伊平衛は、とても子馬を始末することなど出来なかった。

その後、母馬は産後の肥立ちが悪く死んでしまったが、子馬をすくすくと育ち、伊平衛はこの子馬をアオと名付けた。ところがある日、村人がアオを余計に気味悪く思う事件が起きた。アオは山の椎の木の大木に一人で登り、その上で休んでいたのだ。

さらに悪いことには、ある夜村から逃げ出した一頭の馬が畑の作物を荒らし、村人はこれをアオの仕業と決めつけたのだ。村人は伊平衛の家に押しかけて、子馬を始末するか、村から出て行くか二つに一つを伊平衛に迫った。

村人から責め立てられて耐えきれなくなった伊平衛は、泣く泣くアオを縛って花貫川(はなぬきがわ)の淵へと沈めた。

すると、どうだろう。それから何日かして、村を落雷と暴風雨が襲った。そして最後には山崩れが起き、村を全部土砂の下に埋めてしまったのだ。山崩れの後、一人丘の上に立つ伊平衛の耳にはアオの鳴き声が聞こえた。そしてその声は、「畑を荒らしたのは俺じゃねえ。」と言っているように聞こえたという。

今でも耳を澄ますと、子馬の悲しげな声が花貫川から聞こえてくるという話だ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-9-9 18:36)


参考URL(1)
http://www.takahagi-kanko.jp/valley/
ナレーション市原悦子
出典茨城のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細茨城のむかし話(各県のむかし話),茨城民俗学会,日本標準,1975年10月13日,原題「角のある小馬」,文「田口喜一」
場所について高萩市中戸川の名馬里ヶ淵(地図は適当) 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:高萩市中戸川の名馬里ヶ淵(地図は適当) 
追加情報
このお話の評価6.5000 6.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/9/9 18:36 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 20  件):   <前  1 ..  7  8  9  10  11  12  13  .. 20  次>  
コメント一覧
4件表示 (全4件)
トモメル  投稿日時 2014/7/24 11:17
村人たち、恐ろしいすぎです。
今も変わらないのかな?閉鎖社会って本当に怖いです。
都会に住んでいるので、村には住めないとつくづく感じるお話でした。

伊兵衛さんは、お坊様や高い身分の方など村以外の人には相談出来なかったのでしょうか?
また、江戸や水戸など町へ出て、生きていく選択はなかったのでしょうか?
救いのないお話を観て、本当に悲しかったです。
のんの  投稿日時 2012/9/10 0:25
このお話は本当に衝撃的でした。
集団狂気、まさにその通りですね。
悲しすぎて見たのは一度きりですが、内容は覚えていました。
群集心理は恐ろしい物ですね。
ゲスト  投稿日時 2012/9/9 19:50
村人は角の生えた子馬を見て、驚きを通り過ぎて恐怖を感じたのでしょうね。集団狂気とはまさにこの事で、閉ざされた村という小さな集合体では仕方なかったのかもしれません。

おんぶ狐や、やさしい嫁さん、密僧坊などで想像できるように、年寄りや田舎者が現代の私たちと比べて「ほんわか気質で優しい人々」というわけではなく、そもそも人間とは昔も今もあまり本質は変わっていないと思います。
御池茜  投稿日時 2012/9/6 7:34
いやはや驚いた。
「まん昔」ではその画風とあいまってほのぼのとした作品の多かった
池原昭治回でこんなダークな作品があるとは。

角のあるアオを殺せと毎日押しかけてきたり、それが出来ない伊兵衛を
村八部にすると脅しをかけてきたり、脅迫に屈してアオを手放した伊兵衛に
対し村の風水害の原因をアオの祟りとして伊兵衛宅に殴り込んできたりする
悪意に満ちたのんのん平の村人たちの“にんげんてみにくいな”な描写に
圧倒された。

「空を飛んだ黒駒」では黒駒はラストで天に昇って龍になったが
村を襲った風水害の原因が花ノ木川に沈められたアオが
龍に転生した事によるものだったとしたら・・・。

ひょっとしてアオは人間を試す為に天から遣わされたのかも知れない。
投稿ツリー
4件表示 (全4件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)