トップページ >  お話データベース >  東北地方 >  宝のひょうたん
No.0634
たからのひょうたん
宝のひょうたん

放送回:0398-A  放送日:1983年06月25日(昭和58年06月25日)
演出:杉井ギサブロー  文芸:杉井ギサブロー  美術:馬郡美保子  作画:上口照人
東北地方 ) 7655hit
あらすじ

昔、あるところにそれは貧しい暮らしをしている男が一人住んでいた。

この男、働かずに毎晩毎晩近くの畑から作物を失敬していたが、ある時待ち伏せていた畑の持ち主に見つかってしまう。しかしその百姓は男に自分の山を少し譲り、畑仕事をした方がいいと勧める。そして男は畑を耕し、豆を作ることになった。初めての畑仕事に最初は苦労していたが、自分の植えた豆が芽を出したので、男は嬉しかった。

その内、鹿やイノシシなどが男の作った作物を荒らしに来るようになった。だから男は毎晩畑に行っては見張りを続けていた。

そんなある晩のこと。男がいつものように獣たちを追い払った後で一息ついていると、向かいの山の一角がぽおっと光り、賑やかな音が聞こえてきた。こんな夜更けに何だろうと思い男は明りの方へ行ってみた。

するとそこでは娘が一人、山の動物たちの打ち鳴らす楽器に合わせて踊っていたのだった。茂みに隠れてその光景をしばらく眺めていた男は、あまりに楽しそうだったのでついつい茂みを飛び出して娘と踊りだした。そしてその晩、男は山の中で一晩中踊り明かしたそうな。

そのうち朝になって、動物たちは帰って行った。男も山を下りて家に帰ろうとしたが、先ほどの娘が男にくっついて一緒に行きたいという。男が承諾すると、娘は男の背中におぶさって行きたいと言ってきたので、男は娘の持っていたひょうたん二つと娘をおぶって山を下りて行った。

その娘とひょうたん二つは妙に重く、男は少々後悔しながら山を下りた。そうしたらいつの間にやら娘とひょうたんは沢山の黄金になっていた。

娘とひょうたんが何故黄金になったのかは結局わからずじまいではあったが、男はその黄金で大金持ちになることが出来たという。

(投稿者: ゲスト 投稿日時 2012-6-22 14:41 )


ナレーション市原悦子
出典瀬川拓男(角川書店刊)より
出典詳細自然の精霊(日本の民話02),瀬川拓男,角川書店,1973年8年23日,原題「黄金を背負う」,伝承地「東北地方」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価7.6667 7.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/6/22 22:57 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 29  件):   <前  1 ..  20  21  22  23  24  25  26  .. 29  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2014/10/13 22:19
世のニートに変な希望を与えてしまうお話…という訳ではないんでしょうが(笑)
まあ、たまにはこういうった不可解な幸せ話があってもいいのかも
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)