トップページ >  お話データベース >  近畿地方 >  大阪府 >  鳥になった傘屋
No.0578
とりになったかさや
鳥になった傘屋

放送回:0362-A  放送日:1982年10月09日(昭和57年10月09日)
演出:山田みちしろ  文芸:境のぶひろ  美術:吉田陽子  作画:山田みちしろ
大阪府 ) 10221hit
あらすじ

昔、河内の国に傘屋の政やん(せいやん)という若者がいた。両親も無ければ兄弟もない、一人ぽっちのセイやんは、朝から晩まで傘を張る仕事をしていた。

ある日、風に飛ばされた傘を捕まえた際、ふわりと体が浮くのを感じた。それにひらめいた政やんは、人間が空を飛べる傘を作る事に夢中になった。鳥のように空を飛ぶためなら、何度も失敗しようが、夜も昼も仕事はそっちのけで空飛ぶ傘作りに熱中した。

そうして、ついに政やんは空を飛ぶ事に成功した。村の中で一番高い木のてっぺんまで登り、傘で空を飛びながら、念願の鳥の気分を味わう事ができた。

空飛ぶ傘の噂は、大坂の殿様の耳にも入る事となった。どうやら殿様は、戦争のための道具として傘を買いつけたい、という話だった。それを聞いた政やんは、「人殺しのために傘を張ったんじゃない」と、夕方こっそりと傘を広げて飛び立った。大好きな鳥たちと一緒に、どこまでも飛んで行って消えてしまった。

紅子(2011-8-21 2:57)


ナレーション市原悦子
出典真咲美岐(大阪府)
出典詳細里の語りべ聞き書き 第02巻 が出典元ではないかと、個人的に予測しています
DVD情報DVD-BOX第3集(DVD第13巻)
場所について三河国
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社デラックス版まんが日本昔ばなし第20巻(絵本発刊日:1984年10月15日)/講談社テレビ名作えほん第055巻(発刊日:1984年1月)
絵本の解説鳥の様に大空を飛べる羽が欲しい、というのは昔も今も変わらぬ人々の夢です。「鳥になった傘屋」の政やんも、かさを張る仕事をしつつ、心の中はいつも鳥のように飛んでみたいという思いでいっぱいでした。そのうち、飛べるような傘づくりに夢中になり、ついには本当に飛ぶことに成功するのです。大好きな鳥と一緒になって、どこまでもどこまでも…。この世の苦しみから抜け出して、鳥のように空高く、自由に羽ばたきたいという庶民の願いが感じられます。(河内地方のお話)(講談社のデラックス版絵本より)
講談社の300より書籍によると「大阪府のお話」
このお話の評価6.6667 6.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/21 2:57 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 14  件):   <前  1 ..  4  5  6  7  8  9  10  .. 14  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

41 人のユーザが現在オンラインです。 (33 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)