トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  長野県 >  キジも鳴かずば
No.0055
きじもなかずば
キジも鳴かずば
高ヒット
放送回:0032-A  放送日:1976年05月15日(昭和51年05月15日)
演出:まるふしろう  文芸:沖島勲  美術:下道文治  作画:鈴木欽一郎
長野県 ) 140090hit
あらすじ

犀川という川のほとりに、小さな村があった。この川は毎年秋の大雨になると氾濫し、村人を困らせていた。この村に弥平という父親とお千代という娘が二人で暮らしていた。お千代の母親も先の洪水で亡くなってしまっていた。

ある年の秋、お千代は重い病にかかるが、貧乏な家なので医者も呼ぶことができない。お千代はかつて一度だけたべたことのあるあずきまんまが食べたいと言う。小豆を買うお金のない弥平は、地主の倉から米と小豆を盗んで、お千代に食べさせてやった。その甲斐あってか、お千代はすっかり良くなった。お千代は父親が畑仕事に出かけているあいだに、手まり歌で「あずきまんまたべた」と歌ってしまう。

その夜からまた雨が激しくなり、村人たちは咎人を人柱にしようと相談しあった。そこでお千代の手まり歌を聞いた者が、弥平が地主の倉から盗みを働いたことを話すと、弥平は役人にひったてられて、人柱として川のほとりに埋められてしまった。お千代は何日も何日も泣き続けたが、ある日ぴたりと泣きやみ、それ以後一言も口を聞かなくなってしまった。

それから何年もの年月が流れた。猟師がキジの鳴く声を聞いて鉄砲で撃ち落とした。キジの落ちたところに向かうとお千代がキジを抱いており、「雉よ、おまえも鳴かなければ撃たれないですんだものを」とつぶやく。お千代は自分が手まり歌を歌ったばっかりに父親を殺されてしまったことをキジに重ねてそう言ったのだ。それ以後、お千代の姿を見た者はいない。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 5:47 )


参考URL(1)
http://93mini.blog135.fc2.com/blog-entry-233.html
ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第7集(DVD第31巻)
場所について長野県犀川にかかる久米路橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:長野県犀川にかかる久米路橋
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第9巻-第043話(発刊日:1976年11月10日)/童音社BOX絵本_第31巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/二見書房まんが日本昔ばなし第2巻-第08話(発刊日:2005年10月17日)/講談社テレビ名作えほん第017巻(発刊日:1977年12月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「長野地方の昔ばなし」
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「長野県の昔ばなし」
講談社の300より書籍には地名の明記はない
このお話の評価9.6000 9.60 (投票数 55) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 5:49 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 40  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 40  次>  
コメント一覧
10件表示 (全13件)
ホワイト  投稿日時 2017/6/6 22:31
長野県人です。
ラスト、千代の「キジも鳴かずば撃たれまい」には言葉がありません。
とても11分の話とは思えない深すぎる内容でした。
一生忘れることのない話です。
てむじん  投稿日時 2017/4/29 20:35
たった一度、ほんの一握りの小豆を盗んだばかりに人柱にされたお父さん。あずきまんま食べたいとオットーに言わなければ、手毬唄であずきまんま食べた事を歌わなければあんな事にはならなかったと嗚咽する娘。キジも鳴かずば撃たれまい。リアルで見ていた小2の私は泣いていました。
執行官。  投稿日時 2016/2/17 23:47
弥平が連行されるとき、バックの音声で

「わしは、一粒も、、食べておりませぬじゃ・・・」(言外に娘のためにやむを得ず窃盗行為に出たことを抗弁する)
ていうんだけど、
言下にタカ派処刑派村人の切れたような声で「苦しいのはみんな一緒じゃ」(言い訳にはならない)って
否定されてしまい、
ついに処刑される場面につながる
ていうのでも良かったと思います。
マスター  投稿日時 2015/4/20 21:03
やへいもどうせだったら地主に頼めば良かったんたんだと思います。そうすれば彼も人柱にならずに済んだと思います。おまけに地主もカギかけておけばいいのになんで開けっぱなしにしたんでしょうね。そんな地主を僕は、アイツはアホだと思いました。
モリリン  投稿日時 2014/10/23 8:00
これを兄と一緒に見ていました。で兄が「ひどいなあ」と言ったので
私も「たかが盗みで人柱なんてひどいよね!」と言ったら

そうじゃない、最後にお千代が猟師の獲ったキジを堂々と盗んでいった
ことだと兄は憤慨していました。

確かにお千代ちゃんキジをネコババしていますねw
気持ちはわかるけどネコババはいけませんよネコババは・・・
おとぎ姫  投稿日時 2014/8/26 21:22
たかがそれくらいで人柱なんてひどいです。お千代はどこ行っちゃったんでしょうか「
kazu  投稿日時 2014/7/31 9:18
私も小さいころに親から与えられたまんが日本昔話の絵本でこのお話を読んで、世の中の理不尽さやどうにもならない運命などを子供ながらに学んだような気がします。
大人になってもこのお話は私の頭の中から消えることなく、何かの折につけこのお話を話題にすることがあるので、お話の影響力というものを痛切に感じます。
どうかすたれることなく、これからも子供たちにこのお話が届けられ、読んで、聞いて、見た子供たちが何かを感じて、成長の糧としてくれるとこを願います。
ふわくま  投稿日時 2014/2/18 9:22
まんが日本昔ばなしの絵本で昔読んだお話ですが、人柱のくだりにその当時は衝撃を受けて、読むと悲しくなるのに何度も何度も繰り返し読んでは涙ぐんでいました。あんなに読んだのに
、どういうわけかタイトルを思い出せずに何十年も過ぎでしまいました。やっとタイトルがわかってスッキリしました。ありがとうございます!
ハッピーエンドのお話もいいのですが、こういうお話も小さな子にも読んで、何か感じてほしいですね。
なまむぎ  投稿日時 2013/6/30 16:17
犀川からは離れてますが、長野県民(東信)です。

子供の遊びで、一般的には「あぶくたった」といっているものを、
地元では「あずきまんま」というんです。
「あぶくたった」の場合、
「とんとんとん、何の音?」「おばけの音」で鬼ごっこが始まりますが、
「あずきまんま」の場合、
「とんとんとん、何の音?」「あずきまんまの音」で鬼ごっこになります。

赤飯はお祝い・あずきは魔除けのはずが、
なぜ逃げないといけないのかと思いましたが、
もしかしたら、この民話から来ているのかなと思いました。
okaya  投稿日時 2013/3/26 12:18
長野県在住です。
 
小さいころ買ってもらったまん日の絵本にこの話が入っていて、
子供の頃はなんとなく読んでいたんですが、
大人になってから読み返してみたら、あらら涙が止まらない・・・
 
地元の話だと知ってから実感が湧いています。
確かに県内は昔から水害に悩まされてきました。
数年前の土石流災害をご存知の方も多いんじゃないかと。
 
そんな土地柄と昔の風習が端的に描かれているこの話は、
この土地に昔から住んでいる方なら誰でも
感じるところがあるんじゃないでしょうか。
投稿ツリー
10件表示 (全13件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

62 人のユーザが現在オンラインです。 (45 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)