No.0428
ふくめんとこばん
福面と小判

放送回:0269-A  放送日:1980年12月27日(昭和55年12月27日)
演出:やすみ哲夫  文芸:沖島勲  美術:大山哲史  作画:竹内大三
宮崎県 ) 6640hit
あらすじ

昔、ある山奥に木こりのお爺さんとお婆さんがいました。貧乏暮らしでしたが、お爺さんはお面を買い集めるのが趣味でした。

ある大晦日の夜、正月くらいは米を食べたいと話し合った二人は、お婆さんの大切な着物を売る事にしました。翌日、町へ着物を売りに行くと、なんと10両もの高額で売れました。

喜んだお爺さんは米を買おうと町を歩いていると、古道具屋に心ときめくようなお面が展示されていました。お爺さんはさっそく着物を売って得た10両を払って、お面を三つ買って家に帰りました。

米ではなくてお面を買ってきた爺さんに激怒したお婆さんは、家からお爺さんを閉め出してしまいました。お爺さんはお面を持って、暗い山の中をトボトボとあてもなく歩きました。

すると、山賊たちがたき火を囲んで宴会をしていました。そのうち、酔っぱらった山賊たちはぐっすり眠り込んでしまったので、その隙にお爺さんはたき火にあたる事にしました。

たき火ですっかり体が温まったお爺さんは、顔や体がほてってきたので、持っていたお面を身に着けました。やがて目をさました山賊たちは、お面をつけたお爺さんを見て「化け物がいる」と驚いて、小判を残したままどこかへ逃げていきました。

沢山の小判を持って家に帰ったお爺さんは、あらためてお米を買って、二人で良い正月を迎えたそうです。

(紅子 2013-9-16 13:20)


ナレーション常田富士男
出典比江島重孝(未来社刊)より
出典詳細日向の民話 第二集(日本の民話43),比江島重孝,未来社,1967年12月20日,原題「福面と小判」,話者「永野伊作」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価5.5000 5.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/16 13:20 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 19  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  8  .. 19  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2015/3/8 22:09
嫁の着物を売って自分の趣味の面を買う…
たまたま山賊の小判を横取りできたから丸く収まっているように見えるものの、
婆さんが私の友達なら別れることをお勧めしたい。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

32 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)