トップページ >  お話データベース >  九州地方 >  鹿児島県 >  猿とつがねの餅つき
No.0427
さるとつがねのもちつき
猿とつがねの餅つき

放送回:0268-A  放送日:1980年12月20日(昭和55年12月20日)
演出:森川信英  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:森川信英
鹿児島県 ) 8158hit
あらすじ

昔、猿とつがね(川蟹)が山の中で仲良く暮らしていた。

ある日、猿がつがねにこう言った。「なあ、つがねどん、たまには餅をついて食いてえのう」つがねも餅を食いたいのはやまやまだったが、肝心の米がない。そこで、谷川を下った先の一軒家に行き、米を分けてもらうことにした。

こう話が決まると、早速猿とつがねは川を下り、一軒屋の前にやって来た。そして嫁さんが洗い場に来ると、つがねはこう言った。「あねさん、あねさん、お米を少しくれろ。くれないとハサミで挟むぞ。」

すると、嫁さんは一掴(つか)みの米をつがねにくれた。こんなことを毎日繰り返しているうちに、とうとう貯まった米は1斗(いっと:18リットル)にもなった。

猿とつがねは、この米で早速お餅をつくことにした。猿はかまどで米を炊き、その間につがねが餅をつく臼(うす)と杵(きね)を作る。ところが、臼はちゃんと出来たものの、杵が曲がってしまった。つがねは急いで杵を作り直すことにした。

ここで、杵が出来るのを待っていた猿に悪い考えが浮かんだ。「今の内に餅をついてしまえば、餅を独り占めできる」猿は曲がった杵で餅をつき、出来た餅をつがねが登ってこられない木の上に載せてしまった。

杵を持って戻って来たつがねは、これを見て怒ったが、どうすることも出来ない。その時つがねは、「西の風が吹いたら木の葉が落ちる」と自分の爺さまが言ったことを思い出した。そこでつがねは、一心に「西の風よ吹け!」と念じた。すると、つがねの思いが天に通じたのか、強い西の風が吹き、木の葉を餅と一緒に全部落としてしまった。

今度は、つがねが落ちてきた餅を拾い、自分の巣穴に入れた。猿は餅を分けてもらおうと、巣穴に入ろうとする。ところが、猿が顔から入ろうとすると、つがねがハサミで猿の顔を挟む。尻から入ろうとすれば、お尻を挟む。こんな訳で、猿の顔と尻は真っ赤に腫れ上がってしまった。

猿はたまらず、自分の毛と交換で餅を分けてもらうことにした。こうして二匹は仲直りして、餅を分け合って食べた。つがねの親指には、この時猿にもらった毛がまだ残っている。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2015/5/4 16:30) 


ナレーション常田富士男
出典村田煕(未来社刊)より
出典詳細薩摩・大隅の民話(日本の民話28),村田煕,未来社,1960年08月25日,原題「猿とつがねの餅つき」,採録地「甑島」,甑島昔話集より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2015/5/4 16:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 38  件):   <前  1 ..  9  10  11  12  13  14  15  .. 38  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
araya  投稿日時 2011/11/5 12:39
「猿と蛙の寄合餅」「猿と蛙の寄合田」というのはよく似た話ですし、「 猿とつがねの餅つき 」「猿とどんびき」に加え「いたちとねずみの粟畑」「熊と狐」も同じテーマでまとめてもよさそうですね(^_^)。
マニアック  投稿日時 2011/11/5 12:03
「猿とどんびき」に似ている。
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)