トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  北陸地方 >  新潟県 >  風の神とこども
No.0039
かぜのかみとこども
風の神とこども

放送回:0022-A  放送日:1976年03月06日(昭和51年03月06日)
演出:まるふしろう  文芸:沖島勲  美術:稲場富恵(アートノア)  作画:スタジオアロー
新潟県 ) 19980hit
あらすじ

北国での話。

子ども達が村のお堂の前で遊んでいると、突然風が吹き、大きな子どもがやって来た。その子は村の子ども達に柿や栗のたくさんなっている山に連れて行ってやると言う。

子ども達は山でお腹一杯になるまで柿や栗を食べて遊んでいたが、突然その子が用があるので、お前達は自分で家に帰れと言って姿を消してしまう。

困った子ども達が山をさまよい歩いていると家の明かりが見えた。そこには風の神の親が住んでいて、先ほどの大きな子どもは南風のあにゃあ(兄)だったという。

子ども達はそこでご馳走になり、北風の神(弟)に村に送ってもらう。村では心配した大人達が心配して待っていた。 

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 14:41 )


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第2巻-第010話(発刊日:1976年5月31日)/二見書房まんが日本昔ばなし第3巻-第11話(発刊日:2005年11月14日)/講談社テレビ名作えほん第018巻(発刊日:1977年12月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「上越地方の昔ばなし」
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「上越地方の昔ばなし」
このお話の評価7.8333 7.83 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 14:42 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 78  件):   <前  1 ..  3  4  5  6  7  8  9  .. 78  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
みずきいろ  投稿日時 2015/3/20 18:42
私が、一番大がつくほど好きな話です。でも、本当は、「知らない人には、ついて行っては駄目。」という話ですけど、南風が、すごく可愛いキャラクターなので、子供達に「わらしっこ」と言って笑う所が癒やされます。あと、婆様や、子供達を村に送った北風も好きです。
もみじ  投稿日時 2012/12/5 0:25
神様の気まぐれってやつですね…。(;´Д`)神様、そんな無責任な…。
これぞまさに神隠しです(・ω・;)

風の神の子と子どもで連想すると、宮沢賢治の「風の又三郎」がありますね。
北国の話だというし、風の神の子が遊びに来るというこんな民話が創作のなにか下敷きにでもなったのでしょうか…。
亜  投稿日時 2012/12/4 11:21
最高です。まんが日本昔ばなし の雰囲気の象徴的な作品でしょう。特に教育的とかなんとかがあるわけではなく、ただ見て、感じればよい作品なのだと思います。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)