トップページ >  お話データベース >  九州地方 >  鹿児島県 >  山の神と孝行娘
No.0268
やまのかみとこうこうむすめ
山の神と孝行娘

放送回:正月特番  放送日:1979年01月03日(昭和54年01月03日)
演出:富野喜幸  文芸:芦沢俊郎  美術:小関俊之  作画:葛岡博
要調査 / 鹿児島県 ) 7520hit
あらすじ

薩摩・大隅の民話(未来社,1960年08月25日)に、同タイトル名のお話があり「このお話かもしれない」ということであらすじを書いてみます。

あるところに、お婆さんとヤヨイという娘がいた。家が貧しいため、一里先の隣村に奉公にいっていた。気立てのよいヤヨイは夕飯を食べると必ず一膳は残し、夜になると一里先の家に帰り、お婆さんに食べさせ、朝になると戻って働いた。

ヤヨイの奉公も後三日で終わる日の夕方のこと、いつものように家に帰ろうとすると、村はずれの峠で、突然の大雨になった。ヤヨイは慌てて、道端の大きなセンダンの木の下に駆け込んで、雨が上がるのを待った。その時、センダンから声が聞こえてきた。

「俺は後三日したら、殿様の船材として伐り倒される。船はできてもびくともせず、船下ろしはできないだろう。殿様は船を動かした者に褒美を取らせると言うだろうから、お前は進み出て、船の艫に立ち、ヤーヨイドッコイセーと言え。それで動くようになる」

その話が終わると雨は止み、夕陽が輝いていた。ヤヨイは急いで家に帰ると、お婆さんにご飯を食べさせ、いつものように朝には奉公先に戻った。それから間もなく奉公が明けて帰路に着くと、峠の大きなセンダンの木が伐り倒されるところだった。やはり、あれは神様のお告げだったんだと、ヤヨイは思った。

それから三ヶ月が経った頃のこと、いよいよ船下ろしの日がやって来た。朝から見物人が押し掛け、その様子を見守ったが、船は一向に動こうとしない。どうしたんだ、おかしいぞと騒ぎ始め、船大工も調べてみるが、どこにもおかしなところはない。すると殿様が立ち上がり、船を動かした者には褒美を取らせるとお触れを出した。

誰もが顔を見合せてざわめくだけだったが、その時、人ごみの中からヤヨイが進み出て言った。
「私が下ろしてみせましょう」
「いいとも、下ろす見込みがあるならやってみろ」
ヤヨイは船の艫に立つと、ヤーヨイドッコイセーと言った。すると、船は音を立てて滑り出し、やがて海の上に浮かんだ。これには皆が驚いたが、ヤヨイは神様のお力ですと答えた。さて、殿様は大層よろこび、褒美は何が良いとヤヨイに尋ねた。

「家に六〇歳になる親がいます。その日の食事にも事欠く始末で、冬には温かい着物も着せてあげることができません。これだけは何とかしてあげたい」
「さても感心な娘。その願いを叶えてやろう」
殿様は褒美として多くの米と着物を与え、二人は何不自由なく暮らしたとさ。

(投稿者: araya 投稿日時 2012-5-7 22:54 )


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
出典詳細薩摩・大隅の民話(村田照,未来社,1960年08月25日)かもしれない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/5/8 11:25 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 38  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  8  .. 38  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
araya  投稿日時 2011/11/15 3:27
演出家の富野喜幸さん。これが唯一の演出作品なんだけど、富野由悠季さんの本名と同じというのが何か引っかかる(^_^)。機動戦士ガンダムの開始前だから、単なる同姓同名なのかな。一度は作品を見てみたい♪
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

34 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)