No.0240
だいりきだいべえ
大力大べえ

放送回:0150-A  放送日:1978年09月09日(昭和53年09月09日)
演出:森田浩光  文芸:沖島勲  美術:内田好之  作画:白梅進
埼玉県 ) 17664hit
あらすじ

昔、秩父の日野沢(ひのさわ)のある村に、ものすごい力持ちの大べえ(だいべえ)という若者がいた。

働き者の大べえは、自分の小さな畑の仕事が終わると、他の村人たちの畑仕事などを手伝って暮らしていた。力持ちで心優しい大べえは、力仕事を頼まれると快く引き受けるので、村人たちからも頼りにされていた。

ある日、木こり仕事を頼まれた大べえは、ものすごい怪力パワーで大木を次々に切り倒していった。木こりたちもそんな大べえも褒めそやし、怪力の噂が隣村まで広がるほどだった。しかしある日を境に、大べえは自分の力を慢心するようになり、村人たちの畑仕事は断るようになった。自分は”城峰山(じょうみねさん)の天狗様より力持ち”だと、ホクホクしていた。

ある時大べえは、特に巨大な大木を切り倒そうと鉞(まさかり)を振るった。やがて日も暮れ他の木こりたちは家に帰ってしまったが、大べえは自分の大力に酔うように鉞をふり続けた。「大力大べえ知らねぇかー、天狗様より力持ちー」とっぷり日が暮れた篠沢の村には、大べえのかけ声と鉞の音だけが響いた。

その夜、強い風が吹いたかと思うと、地響きを伴い何やら大きな音がした。夜が明けて木こりが外へ出てみると、大べえの家の上に山のような大岩がどっかりとあった。本物の天狗の仕業だろうか、大べえは天狗に連れ去られたのか、ぺちゃんこになったのか、と村人たちは噂した。

近くの山の杉の木のてっぺんに、大べえの鉞が突き刺さっていたのを見た人がいたという。

(紅子 2011-11-18 20:24)


ナレーション市原悦子
出典埼玉のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細埼玉のむかし話(各県のむかし話),埼玉県国語教育研究会,日本標準,1973年12月10日,原題「大力大べえ」,採録地「皆野」
場所について城峰山
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:城峰山
追加情報
このお話の評価7.8571 7.86 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/18 20:24 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 24  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 24  次>  
コメント一覧
2件表示 (全12件)
araya  投稿日時 2011/10/19 23:10
結構、謎の多い作品ですよね。
・ある時を境に人柄が一変
・ある夜の大風と家を潰した大岩
・杉の木のてっぺんに刺さった大斧
あまりにミステリアスで、謎解きをしていけば、一つの小説が出来あがりそうな…。
しかし、あの大岩。何の説明もなかったですけど、大べえ岩とか天狗岩とか名前がついて、残ってたりしてないのでしょうか。
ゲスト  投稿日時 2011/10/19 22:08
木を伐りながら叫ぶ「たいりきだいべー、知らねーかー」
何か狂気じみて迫力もあって、かなり怖い。耳に残る。
大べえさんは、多分天狗様に襲われて死んだと思うけど、そこんとこハッキリしませんね。
投稿ツリー
2件表示 (全12件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

44 人のユーザが現在オンラインです。 (38 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)