No.0227
はなしじゅうりょう
話十両

放送回:0141-A  放送日:1978年07月01日(昭和53年07月01日)
演出:高橋良輔  文芸:沖島勲  美術:本田幸雄  作画:梅野源
福井県 ) 8437hit
あらすじ

昔、ある村に、若夫婦とお婆さんが暮らしていました。何も不自由はありませんでしたが、亭主は急に江戸へ出稼ぎに行きたくなって、出発しました。

江戸に着いた亭主は一生懸命に働き、数年間で三十両の貯金ができました。ある時、亭主はふと実家に帰りたくなりました。実家にお土産を買って帰ろうと思い、街中をうろついていると「話十両」とかかれた看板が目に付きました。

亭主はさっそく十両払って、話を一つ買う事にしました。店主は「大木の下に寄ってはいけない」と話しました。あまりの短さにもう一つ話を買いました。「猫なで声には油断するな」

これまた短い話でしたのでもう一つ話を買ってみましたが、それは「短気は損気」という最も短い内容でした。これで三話で計三十両、ためたお金はすっからかんになり、亭主はトボトボと実家への帰路につきました。

帰る途中、急に大雨が降ってきたので、雨宿りしようと大木の下に駆け込みましたが、虫に驚いて大木から離れました。すると大木に雷が落ちてきて、亭主は九死に一生を得ました。

やがて日も暮れてきたので、一軒の民家に泊めてもらうことにしました。猫なで声の女が出てきて、亭主を快く座敷に案内してくれました。布団に入った亭主が、買った話を思い出してふと天井を見上げると、巨大な岩が吊るされていました。

大慌てで民家から逃げ出し、ようやく実家に帰りつきましたが、家の中に見知らぬ男の姿がありました。激高した亭主が、鎌を手にして切りつけようかと身構えましたが、買った話を思い出して、心落ち着けて家の中へ入りました。

すると、待ちわびていた嫁さんが大喜びで迎え入れてくれました。実は見知らぬ男と思っていたのは、男装していたお婆さんでした。亭主は「あの話が三十両とは安いもんだ」と感心しました。

(紅子 2013-9-16 12:46)


ナレーション常田富士男
出典杉原丈夫(未来社刊)より
出典詳細越前の民話 第一集(日本の民話44),杉原丈夫、石崎直義,未来社,1968年04月30日,原題「話十両」,採録地「福井市」,話者「杉原ツヤ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.2500 8.25 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/16 12:46 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 26  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 26  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
ゲスト  投稿日時 2016/12/18 15:46
±0のように見えて、数年間の労働分がマイナス…
町に出稼ぎに行かなければ、3つの教訓もいらなかったわけだし。
ゲスト  投稿日時 2016/3/26 22:54
子供の頃に観た時は「猫なで声」の話が役立つ場面の、天井から吊るされてる石の意味がよく分からなかったな
あれは旅人を泊めては殺して金品を奪う盗賊の家って事だそうで
ゲスト  投稿日時 2015/11/14 22:13
いや、どうだろうこの男…
急に町へ行きたくなり、ふと帰りたくなり、話を買って一文無し…
よく嫁も待ったな。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

71 人のユーザが現在オンラインです。 (59 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)