No.0182
かいふきたんじ
貝吹き旦次

放送回:0113-B  放送日:1977年12月10日(昭和52年12月10日)
演出:小林三男  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:昆進之介
山形県 ) 7317hit
あらすじ

昔、出羽の国でお殿様が貝吹きの大会を催した。それに参加した旦次という少年は、大変良い音色で貝を吹き、お殿様はじめみんなを驚かせた。お殿様から褒美を送られた旦次であったが、旦次はそれに飽きたらず磐城の国にある大貝を吹いてみたいと言った。

「磐城の大貝」といえば四尺もの大きさがあり、とても人が吹けるような大きさではない。お殿様始め家来も一笑に付すも、もしお殿様が磐城の国に行くときには、旦次もお供することになった。

この日から旦次はお城の貝吹きの役についた。毎日出羽の国に響き渡る旦次の貝の音色は、人々の心にも響いた。こうして旦次は「貝吹き旦次」として有名になっていった。

ある日のこと、仙台の浜辺に三尺もある大きな貝が流れ着いた。それを見つけた山伏たちは、これは「磐城の大貝」の仲間なのではと思い、磐城の国に返すこととした。旦次はこの事を聞きつけ、その大貝を吹かせてほしいと山伏たちに頼むのであった。そして旦次はその三尺の大貝を見事に吹いてしまった。響き渡る大きな音に山伏たちは驚き、これは羽黒山の神様の声なのではと恐れおののく程であった。

それから時が経ち、旦次が27歳の時のこと。ようやくお殿様が磐城の国に用事で行くこととなった。旦次も一緒に行くことを願い出て、許しが出た。「磐城の大貝」は山の神社に祀られておった。旦次は神社に着くと、さっそく大貝を吹いた。しかし、さすがの旦次ですらも、いくら吹いても音は出ない。お殿様も「もうよいではないか」と旦次をなだめ、神社を後にして帰路につく。

さて、神社を発ってからしばらくして、お殿様は一行の中に旦次がいないことに気が付いた。その時割れんばかりの大きな音が響いた。あわててお殿様が神社に戻ってみると、神社の扉が破られ、旦次が「磐城の大貝」を抱いて息絶えていた。旦次は「磐城の大貝」を見事に吹いたのである。お殿様は「旦次、あっぱれであるぞ」と声をかけた。

この話はやがて出羽の国中に伝わり、人々は「貝吹き旦次」のことをいつまでも語り継いだということである。

(投稿者:カケス 投稿日時 2014/3/2 11:30)


ナレーション常田富士男
出典クレジット不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第25巻-第123話(発刊日:1978年10月30日)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
このお話の評価5.0000 5.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/3/2 15:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 48  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  8  .. 48  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
ゲスト  投稿日時 2015/11/8 4:32
4歳のときに見て、未だに記憶が残っています。動画で見直して改めて感動しました。修験道の雰囲気も伝わり、使命感に生きた人物を描く素晴らしい作品だと思います。
early-note  投稿日時 2012/8/23 18:52
仕事に命を賭けた普通の人間、その死を以て終わる昔話。主人公の文字通り畢生の咆哮は、幼少時のトラウマとなった。
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

49 人のユーザが現在オンラインです。 (42 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)