No.1432
おにのつめ
鬼のつめ
高ヒット
放送回:0914-B  放送日:1993年12月18日(平成05年12月18日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:千葉秀雄  作画:大森幸夫
写真あり / 栃木県 ) 24815hit
あらすじ

昔、物凄い嫌われ者の悪徳婆さんがいた。この婆さんは、村人から穀物を買い取るときは大きなマスで量り、物を売るときは小さなマスで量って売っていた。

そんな婆さんが、とうとう死んでしまった。それで、お寺の和尚さんが婆さんの葬式を担当することになったが、葬式の前夜、和尚さんの寺に赤鬼と青鬼がやってきた。

どうやら鬼達は地獄から来たらしく、婆さんは地獄行きが決まったから余計な手出しはするな、と和尚に警告する。しかし、和尚は断固拒否する。

葬式当日、お棺を運んで歩いていると、突然強い風が吹いて和尚の経文がさらわれる。すると黒雲が現れ、そこから鬼の手が出て来て婆さんの棺桶を持っていこうとする。和尚は必死で棺桶にしがみつき、婆さんを取り戻そうとるする。

村人は「あんな強欲婆さんだからかまわない」と思ったが、和尚が「死人に罪はない」と説き伏せ、村人に経文を大きな声で読むように言う。村人は和尚の言う通りお経を読むと、鬼はそれにまいって棺桶を置いていく。その棺桶には鬼の爪がささったままだった。

どうにか無事だった棺桶の中には、安らかな死に顔の婆さんがいて、村人はどんな人間も死ねばみな同じだと痛感した。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典栃木県
DVD情報DVD-BOX第7集(DVD第35巻)
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について円通寺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:円通寺
追加情報
このお話の評価6.2500 6.25 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 39  件):   <前  1 ..  33  34  35  36  37  38  39  次>
コメント一覧
10件表示 (全16件)
ゲスト  投稿日時 2016/2/20 2:15
深い話。小さい頃見た気がする。それにしても、識字率が低かった時代に、農家の人間がお経を読むのは無理な気がする。
ゲスト  投稿日時 2015/2/13 9:54
地獄直行を避けただけだから、
結局は地獄に落ちたでしょうね。
ひとつも良い行いをしていないらしいし。
マルコ  投稿日時 2013/12/5 13:54
http://www.mohkacc.jp/grad/minwa/minwa/m_oni.html
で栃木の民話「鬼のつめ」の朗読を聞くことができます!!
パンチョ  投稿日時 2013/8/20 18:40
この話見ると思い出す。
僕を子供の頃からいじめ続けてた僕の祖父の事。

祖父はこのお話に出てくるばあさんにそっくりだった。
近所でも悪評高いクソジジイ。
ケチで粗暴な爺さんだったが、その祖父も数年前に死亡。
その時、僕は祖父の葬儀にも出なかったし、死んだ顔も見なかった。
死人の顔なんて見たくないと思ったから。酷い孫だと自分でも思うけれど・・・。
でも、どうしても祖父の顔を見たくなかったのだ。
でも、この話見て考えさせられる。
もしも、僕が祖父が死んだあの時、祖父が成仏できるように祈ってあげたらと。

祈ってやれたら、あんな強欲ジジイでも天国に行けたんだろうか・・・?

鬼のつめ、なんか見るたび複雑な気持ちになってしまいます。


ゲスト  投稿日時 2013/8/7 14:59
つーか、坊さん、鬼の爪に摘まれて、あれだけの高さから落ちたら-普通死ぬw?

「いざ死なれてみるとちょっぴりさみしいような気持ちになるもん-じゃから、まったくおかしなもんよなあ」 なんて味わいのある言葉だろう。

「どんな悪人でも死人に罪はない」か・・・すごい言葉だな。

この婆さんと坊さん別の話で夫婦役で出てた?
ゲスト  投稿日時 2013/8/6 12:04
くちびるの男、名脇役ですね。ばばあとは赤猫で親子役で共演して-ましたね。
えっ!真岡のお話だったの?知らなかったわ~?たくあんを喉につまらせて死んじゃったの?かわいそうに・・・・-?怪物みたいな鬼だわ~~~怖~~~~い? .
「どんな悪人でも死人に罪はない」
この時代は殆どの人が文盲なので、お経の文字は読めないはずだが-。
たまきち  投稿日時 2013/5/3 21:49
な~んかここの出てくる強欲おばあがニワトリみたいでおもしろかったですねぇ。(たくあんを喉に詰まらせてケーケー言ってるトコとか(^_^;))
マルコ  投稿日時 2013/3/26 17:21
このお話に登場する強欲おばあみたいな人にはなりたくないですねぇ・・・。

このお話を見て思ったのですが、このおばあは正真正銘の「有財餓鬼」ですよね。
まんが日本昔ばなしでも時々登場する餓鬼とは?一体なんなのでしょうか?

「餓鬼」というのは、本来の意味としては、人間がこの世で行った「むさぼり」行為の報いとして、飢えや渇きの満ちた世界に落ちた者を言います。
餓鬼にも「無財餓鬼」と「有財餓鬼」という二つの種類があるそうです。
「無財餓鬼」の意味は皆さんもだいたいわかると思いますが、「有財餓鬼」とは?

飢えに苦しむ餓鬼の中で、物を食することのできる餓鬼。膿(うみ)・血などを食う小財餓鬼と、人の食い残しや、祭祀(さいし)などで捨てられた物を食う多財餓鬼とをいう。

もうひとつの意味は、物やお金がたくさんあるのにも関わらず、欲の皮をつっぱって、もっともっとお金が欲しいと、苦心している人のことを言うのだそうです。つまりは、守銭奴の人。

「九升坊」「くっついた欲の皮」「よくばり和尚」は「鬼の爪」と同じようなテーマのお話ですね。人生とお金・・・切っても切り離せない事柄について、利己心、欲望があまりに強すぎるとどうなってしまうのか?これらのお話を見て色々と考えさせられますね・・・。
マルコ  投稿日時 2013/2/2 15:46
「鬼のつめ」の円通寺は紅葉の名所だそうで、マルコに親切にしてくださったハンサムなおじいさまが「下野新聞でうちのお寺の紅葉が取り上げられたんだよ~。」って自慢げに話していました。マルコがこのお寺を訪ねた時、紅葉が終わってしまった後でしたが、それでも、境内に落ちていた紅葉がまるで燃えているかのように赤くて綺麗だったので、紅葉シーズンの時はもっと綺麗だったと思います。
マルコがお寺の境内を散策していると、遠くの方で汽車の汽笛の音が聞こえてきて、なんとも言えない趣を感じました。遠くの方で鳴っている汽笛が聞こえるほど、静かなんです。
聞こえてくるのは、風のささやきと鳥の声、時より遠くの方で汽笛の音が聞こえる・・・みたいな感じでした。

真岡の街には今でも蒸気機関車が走っているのです!!
詳細を書き込みしておきます!!

<芳賀観光協会のホームページより>

SL通年運行が日本一の真岡鐵道は、日本で最初のローカル線として明治45年に誕生した鉄道です。大迫力のSLは乗って風景を楽しんだり、走っている姿を撮影したり楽しみかたは自由自在。どちらも季節によって表情がかわるし、SLフェスタなどイベントもいっぱいたがら何回乗っても飽きませんよ。駅のかたちもとってもおもしろいんです。

真岡鐵道はSLだけではなく景観を良く見て頂くために大きな一枚ガラスを使用したり、バリアフリーになっております。
安心安全な運行のために日々のメンテナンスなど徹底的な管理に力をいれております。
真岡鐵道で快適な旅をお楽しみ下さい。

SL独特の蒸気機関の音を聞きながら、見えてくる真岡、茂木ののどかでどこかなつかしい風景は他では味わえないワクワクする体験です。
春にはサクラや菜の花、秋には紅葉をみながら、そして冬にはハロウィン運行、クリスマス運行などのイベントがあります。いろんな風景をバックにSLが走る姿を撮影するのも楽しい。あなただけの撮影スポットを探してみては?

なんともおもしろい駅舎。SLをデザインした外観ですね。
内部はコンピュータを自由に利用しインターネット体験が出来る情報センターになっています。

ここでしか手に入らない様々なグッズ。DVDやC11325の模型もファックスで購入できます。

みどりの中をのんびり走りながら、今日の冒険の計画を練ろう。
ツインリンクもてぎで大自然の昆虫や鳥、2足歩行ロボット「ASIMO」がみんなといっしょに楽しさ発見!!帰りは「SLもおか」で貴重なSLの蒸気や汽笛の迫力を間近で体験できます。

芳賀路の夏の風物詩、SL夜行列車が花火をバックに今年も運行します。
夜に運行する「SLもおか」に乗れるのは1年の中でこの日だけ!!

SL列車に真岡鐵道の「寅さん」(映画『男はつらいよ』:「車寅次郎」のそっくりさん)が乗車しSLの正しい乗り方を伝授してくれます。

〒321-4306 栃木県真岡市台町 2474-1 真岡鐵道株式会社 
電話:0285-84-2911(代) FAX :0285-84-2913
マルコ  投稿日時 2012/12/19 23:20
『鬼の爪』
応永の昔、砂ヶ原の里(栃木県芳賀郡二宮町)に横足久左ヱ門という者が住んでおりました。強欲で人一倍馬力があるので、村人は誰一人として相手にしませんでした。

やがて不治の病にかかり亡くなった久左ヱ門を村人は「いくら悪人でも死んでしまえば仏様だべ。身寄りもないかわいそうな人間だからお墓に葬ってやっぺ。」と、その亡骸を菩提寺に葬ることになりました。時の宗光寺の住職頼真僧正は、慈悲深く、観音様の化身といわれるほどの高僧でした。

野辺送りの途中の出来事でした。ちょうど堀込村と太田村との境にある橋のところにさしかかろうとした時です。不思議なことに、今まで雲一つ無かった晴天が突如一天にわかにかき曇り、篠突くような雨が降り出し、雷音が轟き稲妻が光りました。

誰かが「あ!」と叫んだ一瞬、黒雲の隙間からものすごい形相の赤白二匹の鬼が飛び出し、久左ヱ門の亡骸を奪おうとしました。頼真僧正は、すぐに真言を称え、右手に持っていた独鈷で赤白の鬼を叩き落としました。赤鬼はその独鈷を食い切ろうとしましたが、僧正の法力には勝てず爪を落として退散してしまいました。葬列は無事に橋を渡り、宗光寺の墓地に埋葬されました。

この橋は「咎の橋」(とがのはし)と名付けられ横足久左ヱ門の名は平成の世まで鬼の爪と共に語り伝えられており、食いちぎられた独鈷と「鬼の爪」は、宗光寺の秘宝箱に現存しています。


投稿ツリー
10件表示 (全16件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)