トップページ >  お話データベース >  ある所 >  ゴマまんじゅう
No.1324
ごままんじゅう
ゴマまんじゅう

放送回:0839-A  放送日:1992年04月18日(平成04年04月18日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:なかちか東  作画:坂本英明
ある所 ) 9807hit
あらすじ

昔あるところに、旅の坊さんが今夜の宿を探しておりました。

坊さんはやがて、森を背にして建つ、粗末な家の前に来ました。そこには一人のばあ様が住んでおり、ばあ様は快く坊さんを泊めてくれました。

その夜のこと、何か怪しげな雰囲気で目を覚ました坊さんが隣の部屋をのぞくと、ばあ様がいろりにゴマの種をまいていました。ゴマはみるみる大きくなり、あっと言う間に実をつけました。ばあ様はそれをすべて摘み取って、あやしげなゴマまんじゅうを作りました。

翌朝、朝食に昨夜のあやしげなゴマまんじゅうが出されました。坊さんは、散歩に出かけるふりをして、近くの店でばあ様のゴマまんじゅうとよく似たまんじゅうを買ってきました。やがてばあ様の家に戻り、ばあ様がお茶をいれなおしている間に素早くまんじゅうをすり替えました。

お茶が出され、坊さんがまんじゅうを食べても何も起こりません。坊さんはばあ様に「散歩の土産だ」といって、ばあ様のゴマまんじゅうをばあ様に食べさせました。するとばあ様はたちまち牛になってしまいました。

そして牛になったばあ様に「今まで自分のしてきたことを、御仏に謝れ」と小さな仏像を出して叱りました。坊さんは、これまでにばあ様が売った牛をすべて買い取り、ばあ様の家に連れてきました。

たくさんの牛たちはもーもーと泣きながら「ひどいめにあったぞ」、「人間の姿に戻せ」とばあ様に言いました。それを聞いた仏様はばあ様に「本当のゴマまんじゅうを作って、牛たちに食べさせるように」と言いました。

まずは坊さんが本当にゴマまんじゅうを1個作って、ばあ様に食べさせました。するとばあ様は元の姿に戻りました。ばあ様はすぐに本当のゴマまんじゅうをたくさん作って、牛たちに食べさせ、元の姿に戻しました。

それからばあ様は旅人達に親切になったということです。

(投稿者: カケス 投稿日時 2013-10-29 21:52)


ナレーション市原悦子
出典クレジット不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価7.2500 7.25 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/30 3:49 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 68  件):   <前  1 ..  58  59  60  61  62  63  64  .. 68  次>  
コメント一覧
4件表示 (全4件)
匿名希望  投稿日時 2016/4/30 15:05
なんか、旅人馬とキャラかぶった話ですね。
みなほ  投稿日時 2013/6/22 11:07
旅人馬とちがって、犠牲者全員元に戻る&黒幕改心なのが良いと思う。実際やられたら許せないけど。
yassan  投稿日時 2012/5/4 9:32
そうですね。確か「ゴマまんじゅう」と「旅人馬」は類似じゃなくて、同テーマ/雰囲気が似てるお話のページにあったかな?
マルコ  投稿日時 2012/5/3 9:44
この話って・・・中国の昔話?と似てるんだよね・・・。宿屋の女の人が怪しげな魔術を使ってゴマを作る。そのゴマは食べると動物になってしまう効果があってそれを使って饅頭を作って泊まりに来た旅人に食べさせる・・・なんか「旅人馬」に似てる話だね~。
投稿ツリー
4件表示 (全4件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

49 人のユーザが現在オンラインです。 (34 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)