Re: ゴマまんじゅう

ゴマまんじゅう についてのコメント&レビュー投稿
昔あるところに、旅の坊さんが今夜の宿を探しておりました。 坊さんはやがて、森を背にして建つ、粗末な家の前に来ました。そこには一人のばあ様が住んでおり、ばあ様は快く坊さ...…全文を見る

Re: ゴマまんじゅう

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/4/6 22:45
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話は「福島の民話・第二集」(片平幸三編、未来社)に収録されています。
もちろん原題は「ゴマまんじゅう」で、いわき市の話だそうです。
アニメでは牛になったばあ様に「今まで自分のしてきたことを、御仏に謝れ」とお坊さんが叱っています。
民話では「お前は、いままでに人を牛にして苦しめたのだから、そのむくいでいまはこんな姿になったのだぞ、罪ほろぼしに神様にあやまるがいい」と諭しています。
牛になった婆さんは「いままで、われながら悪いことをしたもんだ」と神様にあやまります。
すると神様のお告げがあり、「今までにもうけたお金で牛を買い戻し、本当のゴマまんじゅうを作ってみんなに食べさせなさい」と言います。
そのあとはアニメと同じ展開で、「お婆さんも改心して人々にも親切にしたということです」で、めでたしめでたしです。
旅の坊さまが主人公なのに、なぜ仏様ではなく神様なのか?がよくわかりませんね(笑)
なんとなくこの昔話は、キリスト教やイスラム教の民話や伝説がヒントになっているのではないかと思えたりします。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)