No.1236
あかねこ
赤猫
高ヒット
放送回:0780-B  放送日:1991年01月19日(平成03年01月19日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:千葉秀雄  作画:細谷秋夫
宮崎県 ) 41234hit
あらすじ

昔ある所に、年老いた百姓夫婦と猟師の金佐(きんざ)が隣同士で暮らしていた。百姓の家では17年も可愛がっていた大きな赤猫がいたが、いつの間にかどこかへ行ってしまった。

ある日、金佐が鉄砲の弾を作っていると、隣の婆さんが「弾は何発作った?」と聞いてきた。
いつもと様子が違う婆さんに、金佐はいぶかしながらも正直に答えた。

その後、金佐は山にシシ捕りに出かけた。すると金佐の前に、赤い目の巨大な化け猫が現れた。身の危険を感じた金佐は、化け猫めがけて4発の弾を撃ったが、命中したにもかかわらず化け猫は倒れない。「金佐の弾は4発じゃ~。鉛がなくて弾切れじゃ~」

金佐は普段から隠し持っていた命玉(いのちだま)を取り出し、襲いかかる化け猫に向けて発砲した。被弾した化け猫は逃げ去ったが、化け猫がいた所に隣の家の茶釜のフタが落ちていた。そのフタの裏には4発の弾が撃ち込まれていた。

実はあの赤猫が年を取り、化け猫となり、隣の家のお婆さんを食い殺して入れ替わっていた。さらに化け猫は、勘が利く金佐に正体を見破られる事を恐れて、金佐も殺そうと襲ったのだった。

金佐は、家に逃げ帰っていた化け猫婆さんを退治し、家の床下を掘ってみた。すると、本当の婆さんの骨がゴロゴロと出てきた。

(紅子 2011-8-17 8:10:35


ナレーション市原悦子
出典比江島重孝(未来社刊)より
出典詳細日向の民話 第二集(日本の民話43),比江島重孝,未来社,1967年12月20日,原題「ばあさんに化けた赤猫」,採録地「西都市妻町」,話者「栗下喜十」
場所について高しょく山(漢字と場所不明)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価9.0435 9.04 (投票数 23) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/17 8:10 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 19  件):   <前  1 ..  13  14  15  16  17  18  19  次>  
コメント一覧
10件表示 (全10件)
六郎  投稿日時 2022/2/11 22:42
下唇おじさんほどではないけど、この猟師役の男もよく小林治作品に出てくるよね(「雪の夜ばなし」「東光寺のケヤキ」他)
坊屋良子  投稿日時 2021/7/17 15:24
「伊藤さんの子供の頃」と「1991年放映」というのが合っていないので調べ直したところ、「赤猫」ではなく、類似の話の「汗かき鉄砲」のようです。失礼しました。
坊屋良子  投稿日時 2021/7/14 15:06
漫画家の伊藤理佐さんが朝日新聞に連載しているコラムの7月2日の回で、子供の頃この話をテレビで見て怖かったと書いていました。
猫  投稿日時 2021/4/14 20:50
赤猫が化けているお婆さんのなんともいえない不気味な雰囲気、さすが小林治さんって感じです!また赤猫役の市原さんの演技がとても上手です。
それにしても何故赤猫は化け猫と化してしまったのでしょうか…やはり人間と同じように怨念を抱いたりするのでしょうか…
飼い猫は年をとると化け猫になり飼い主を殺したり、または猫檀家のトラ猫のように飼い主に恩返しをしたり・・・飼い猫も様々ですね。このお話の赤猫はこの家のお婆さんに対してどんな感情を抱いていたのでしょう…
ゲスト  投稿日時 2019/10/26 10:52
徹甲弾はスパスパ貫通しちうから猟に使えまへん。
自動小銃持って銃猟ってアフリカで象密猟やってる連中位じゃねーの?
ゲスト  投稿日時 2019/1/20 8:02 | 最終変更
これとまたく同じ話を昔聞いたことがある。
もう鬼籍はいったお婆さんが話してくれた話と一緒
ゲスト  投稿日時 2017/10/6 5:23
「かじ屋のばばあ」という話と似ていますね。
全国に似たような話があるのでこの話もその類話の一つなんでしょう。

もっとも今では銃も発達しているし連射できる。
弾も徹甲弾なんて物騒なものがあるから、鍋をかぶっても
茶釜の蓋を使っても貫通して殺してしまうんですけどねw

ゲスト  投稿日時 2017/8/28 21:20
この話、怖かった。よく覚えてる。
ひのまる呉服店  投稿日時 2017/6/24 11:27
人間の日常に怪物が紛れ込んで来る不気味な前兆、人間の攻撃が怪物に通用しない謎と焦り、そして最後に人間が意外な方法で怪物に勝利する・・・。
モンスターバトルもの(火星人、ゴジラ、ジョーズ等)の要件がすべて揃った傑作です。
特にこの赤猫は、人間並みの知能を持っているところが手強く、かつ不気味です。
ラストでの金左と爺様の連携プレーがカッコイイ!
ひのまる呉服店  投稿日時 2017/6/24 11:07
日常生活の中に忍び寄る事件の不気味な前兆、怪物に対して人間の攻撃が効かない謎と焦り、最後に意外な方法で逆転して人間が勝利、と対モンスターバトルもの(火星人、ゴジラ、ジョーズ等)の要件が全て揃った傑作です。
特にこの赤猫は人間並みの知能を持っているので、強敵、かつ一層不気味です。
最後のシーンでの、金左どんとお爺さんの連携プレーがカッコイイ!
投稿ツリー

スレッド

10件表示 (全10件)
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

53 人のユーザが現在オンラインです。 (37 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)