No.1201
みずのたねどっくり
水の種徳利

放送回:0758-B  放送日:1990年07月21日(平成02年07月21日)
演出:白梅進  文芸:沖島勲  美術:渡辺由美  作画:白梅進
山形県 ) 7212hit
あらすじ

 昔、山形は虚空蔵山のふもとにある村木沢村、門伝村、柏倉村などの村々は水の便が悪く、少しでも日照りが続こうものなら、村人が総出で川から水を汲んで田んぼに入れねばならなかった。それというのも、東を流れる須川(すかわ)は蔵王高湯の湯が混じるので使い物にならず、西を流れる川は小さい川ばかりだからだ。

そんなある年の夏の事だった。長い日照りが続き、とうとう川の水が干上がってしまった。困った村人はいろいろ考えた末、水を授けて下さると言う箱根の明神様に願掛けすることにした。そこで村々を代表して、願掛けの役を任されたのは、村木沢の与左衛門という男であった。

さて、与左衛門が村を出て須川を越える高木の渡しの所に来ると、子供たちが棒切れで白蛇をいじめていた。心の優しい与左衛門は子供たちに小銭を与え、白蛇を逃がしてやった・・・

--以下動画切れ

(投稿者: やっさん 投稿日時 2015/1/3 16:20)


ナレーション市原悦子
出典山形の伝説(日本標準刊)より
場所について山形市村木沢に伝わる話か?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:山形市村木沢に伝わる話か?
追加情報
このお話の評価8.0000 8.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2015/1/3 16:20 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 48  件):   <前  1 ..  32  33  34  35  36  37  38  .. 48  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
beniko  投稿日時 2011/10/24 4:38 | 最終変更
そうですね、多分リメイクでしょうね。
絵の雰囲気はかなりシリアスな感じになっていましたが、この話に出てくる姫様はどんな感じの人なんだろうか、気になりますね。
※今回で正しい読みが判明しました。みずのたねとっくり×じゃなくて、みずのたねどっぐり○でした。
やっさん  投稿日時 2011/10/24 3:02
前半を見る限り、「水の種」のリメイクまたは類似っぽいですね。
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (28 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)