情報の掲載されているページはこちらです。(本文に戻る)byまんが日本昔ばなし〜データベース〜[印刷用画面]

水の種徳利(みずのたねどっくり)

放送回No.1201(0758-B)
放送日1990年07月21日(平成02年07月21日)
出典山形の伝説(日本標準刊)より
クレジット演出:白梅進 文芸:沖島勲 美術:渡辺由美 作画:白梅進
ナレーション市原悦子

あらすじ

 昔、山形は虚空蔵山のふもとにある村木沢村、門伝村、柏倉村などの村々は水の便が悪く、少しでも日照りが続こうものなら、村人が総出で川から水を汲んで田んぼに入れねばならなかった。それというのも、東を流れる須川(すかわ)は蔵王高湯の湯が混じるので使い物にならず、西を流れる川は小さい川ばかりだからだ。

そんなある年の夏の事だった。長い日照りが続き、とうとう川の水が干上がってしまった。困った村人はいろいろ考えた末、水を授けて下さると言う箱根の明神様に願掛けすることにした。そこで村々を代表して、願掛けの役を任されたのは、村木沢の与左衛門という男であった。

さて、与左衛門が村を出て須川を越える高木の渡しの所に来ると、子供たちが棒切れで白蛇をいじめていた。心の優しい与左衛門は子供たちに小銭を与え、白蛇を逃がしてやった・・・

--以下動画切れ

(投稿者: やっさん 投稿日時 2015/1/3 16:20)


地図:山形市村木沢に伝わる話か?

※このページは印刷用の画面です。情報の掲載されているページは、こちらです。(本文に戻る)