No.1174
うらしまたろう
浦島太郎

放送回:0741-A  放送日:1990年03月17日(平成02年03月17日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:千葉秀雄  作画:朝倉隆
写真あり / 京都府 ) 18356hit
あらすじ

昔あるところに、浦島太郎という漁師が母親と二人で暮らしていました。太郎は30歳もすぎていたのですが、まだ独り者でした。

ある日、浜辺で子供たちが小さな亀をいじめているところに遭遇しました。太郎は子供たちに15文のおこづかいをやって、海亀を海に帰してあげました。 

翌日、太郎が沖の船の上で漁をしていると、海から大きな海亀が顔を出しました。海亀は「昨日は子供を助けれくれてありがとう、竜宮城へ連れて行ってあげます」といって、太郎を背中に乗せて、海の中へ潜っていきました。

海底の竜宮城では、美しい乙姫さまが太郎を迎え入れ、美味しいご馳走と鯛やヒラメの舞い踊りで大歓迎されました。太郎は、飲み食いしたり踊ったりして、とても楽しく過ごしているうちに、いつの間にか三日間も経っていました。

太郎は「もう家に帰らないと母親に怒られる」と、大慌てで自宅に帰ることにしました。残念がった乙姫さまは「これは龍宮の宝物です。でも決して開けてはいけません」と言って、玉手箱を太郎に手渡しました。

太郎が三日ぶりに浜へ帰ってみると、どうしたことか自分の家が他人の家になっていました。それどころか、周囲は見たことのない顔ばかりでした。太郎は通りがかりの人をつかまえて訊ねてみると、すでに300年経っていたことがわかりました。

この世に知った人が一人もいないことがわかると、太郎はずいぶん落ち込みました。しかし、気持ちを持ち直して、頑張って生きていこうと玉手箱のフタを開けてみました。すると、中からモクモクとけむりが出て、あっというまに浦島太郎は、白髪のお爺さんになってしまいました。

(紅子 2012-11-22 19:04)


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
備考出典元不明ですが、初期版のリメイク版である点をふまえ「京都」としています。
DVD情報DVD-BOX第1集(DVD第3巻)
VHS情報VHS-BOX第1集(VHS第5巻)
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価6.1667 6.17 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/11/22 19:04 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 34  件):   <前  1 ..  25  26  27  28  29  30  31  .. 34  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
バラ子  投稿日時 2014/9/3 21:03
不思議な話だ
いろんな解釈ができる
beniko  投稿日時 2013/5/26 23:05
浦島太郎(No.0023)は、講談社のデラックス版絵本に「京都地方のお話」と明記がありました。
よって、このリメイク版の浦島太郎(No.1174)も同じ京都に分類することにします。
※浦島太郎は、日本全国のあちこちに類話や同名のお話が伝承されています。あくまでアニメ上の分類として京都としています。
マニアック  投稿日時 2011/10/24 21:55
常連キャラのやせ男、亀になちゃった!下唇おじさんは、1ショットのみ。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)