No.1076
やろかみず
やろか水

放送回:0679-B  放送日:1988年12月10日(昭和63年12月10日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:金箱良成  作画:児山昌弘
愛知県 ) 15044hit
あらすじ

昔、愛知県の木曽川沿いの古知野(こちの)という所に、低地の為しばしば洪水に見舞われる小さな村があり、雨季になると村人達は生きた心地もしなかった。

ある年も、何日も降り続く雨に木曽川の水嵩が増していき、村の男たちは女子供を避難させ、土砂降りの中懸命に堤防の補強をした。やっと雨が止み雲間に月も見えたため、男たちは束の間の休息をとりにそれぞれの家に戻ったが、十四郎(とうしろう)という男がひとり水門の守りに残っていた。

十四郎は川の近くで月見草の花びらを散らして戯れる若い娘を見つけ、危なっかしいので自分の家に連れ帰って事情を聞いた。すると娘は自分の夫が死んだ様子を語り出す。

娘の夫は三年前の大雨の年、十四郎と同じく水門の守りをしていた。その時「やろか、やろか」と川上から唸るような声が聞こえてきたので、気が強い夫は「よこさばよこせ」と応えてしまったのだ。すると突如、川から高波が押し寄せ、娘の夫は濁流に呑まれて帰らぬ人となってしまった。

娘がなげやりに、みんな流されて死ねば良い、月見草は死に逝く者の足元を照らす、などと嘆いて自殺をほのめかすので、十四郎は必死に止めた。すると今度は、娘は十四郎に女房など里へ返して自分と夫婦になれと迫ってくる。そして、もしそれが叶わぬならば自殺するというのだ。十四郎はとうとうこの娘の強引さに負け、女房を裏切って娘と一緒になることにした。

川の音が強く聞こえてきて、十四郎は娘が止めるのも聞かず水門の様子を見に飛び出した。水が引いたら娘と水の来ない高台へ逃げて、炭焼きでもして暮らそうなどと算段しながら水門に着くと、川からあの「やろか、やろか」という声が聞こえてきた。十四郎は娘の夫と同じように「よこさばよこせ」と答えてしまう。

そして村は濁流にのまれ、二人の行方も知れる事はなかった。

(投稿者: ひかる 投稿日時 2012-2-2 15:03 )


ナレーション市原悦子
出典瀬川拓男(角川書店刊)より
出典詳細自然の精霊(日本の民話02),瀬川拓男,角川書店,1973年8年23日,原題「やろか水」,伝承地「愛知県」
場所について愛知県江南市の古知野地区(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:愛知県江南市の古知野地区(地図は適当)
追加情報
このお話の評価7.7143 7.71 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/2/2 20:45 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 39  件):   <前  1 ..  24  25  26  27  28  29  30  .. 39  次>  
コメント一覧
10件表示 (全12件)
アーリアジャスール  投稿日時 2017/7/26 6:32
下唇おじさんの歯の形が違う。
あやくじらのにわ  投稿日時 2017/7/25 8:07
地元の尾張の、木曽川のお話しだったので、びっくりしました。とても、せつない、お話しでした。
ゲスト  投稿日時 2016/2/13 20:07
この作品は他話数にはみられない露骨なまでのメタが惜しみなく使われている。
女は移り気の象徴である月見草を持っている。この後の「浮気」=「情事」を暗示さするかのように。男が流れてくる瓜(マクワウリに見える)を手にとり、真っ二つに割る。調べるとマクワウリの花言葉は古き繋がりとあり、つまりは亡き旦那との関係を絶つといういう風に見て取れる。汁滴る瓜は明らかに女性を意味し、男はそれに喰らいつく。決意し堤防へ走る姿をみると、二人がのっぴきならない関係になったと思われる。決壊し流れ込んでくる濁流は男性そのものなのではないか。

瓜が二人のもとへ流れ着くのも自然な出来事として描いています。それを意図も簡単に手にとってしまうのも、この水浸しがこの村における普遍だから、という風に思えてきます。男はとてもクールにそれを手にとり女へ促す。とても自然に。全てが水に浮かび、あるがままのに流れぶつかる様子を表現していると思います。しかし最後には濁流が全てをまた振り出しに戻します。このコントラストが人の生き様のようです。すばらしい作品です。
ゲスト  投稿日時 2015/9/24 16:16
古知野(江南市)
古知野(こちの)は愛知県の北西部、木曽川の南岸に位置する江南市の中心街です。
かつては養蚕がさかんなのどかなところでしたが、草井街道や東野街道などの街道が集まっていたことから徐々に街並みが形成され、昭和初期には一宮・犬山に並ぶ名古屋の衛星都市として発展。現在は、名古屋にほど近い立地から典型的なベッドタウンとなっています。その一方で、新町通りや愛栄通など昔ながらの商店街が多く、そのレトロな街並みは映画の撮影にも使われています。
なお、江南市では1970~80年代に一斉に町名変更が行われ、旧来からの地名が失われてしまいましたが、現在も地元では「通称地名」として親しまれているようで、それらを示す看板が随所に設置されています。
http://match345.web.fc2.com/aichi/kochino/
http://match345.web.fc2.com/aichi/kochino/index.html
ゲスト  投稿日時 2015/9/24 15:51
境川が、昔の「木曽川」…?
「天正14年の大洪水によって、木曽川の河道が今の流れに変わったのか!それまでは、前渡から今の境川につながっていて、それが木曽川の本流だったのだ。だからこそ、美濃の国と尾張の国に境となっていたのだ。!」
http://book.geocities.jp/gifurekisi/rekisi/no7.htm

類推すると、消滅したと云われる 丹波郡上般若村 は、現在の 江南市中般若町 及び 岐阜県各務原市 の木曽川の中とその周辺にあることになる。
ゲスト  投稿日時 2015/9/24 14:27
『藤四郎(とうしろう)』の意味
とうしろうとは、素人のこと。
【年代】 明治時代~(?)   【種類】 倒置語
 
『とうしろう』の解説
とうしろうとは素人(しろうと)の倒語(下記参照)を人名っぽく呼んだものである。意味は素人同様、ある物事に対して経験のない人、その事を職業としない人、専門でない人を指す。とうしろうは漢字では籐四郎と書く(中には意図的にか無知からか不明だが、異なる漢字をあてがっている場合がある)。また、カタカナ表記のトーシローも使われる。

倒語とは:前後をひっくり返した言葉で、現代では業界用語によく用いられる。「ハワイ」を「ワイハー」、「美味い」を「まいうー」が倒語にあたる。
ゲスト  投稿日時 2015/9/24 14:13
ヤロカ水(やろかみず)とは、江戸時代、尾張国、美濃国に出現した妖怪。遣ろか水、ヤロカの水、ヤロカの大水ともいう。柳田國男の「妖怪談義」に記述されている。

特徴
ヤロカ水の伝わる木曽川
愛知県、岐阜県の木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)流域一帯、特に木曽川流域で伝承される。
激しい雨の夜、川が増水するとやがて、「ヤロカヤロカ」(欲しいか欲しいか)という声が川の上流から聞こえてくる。この声に答えて「ヨコサバヨコセ」(貰えるのなら頂戴)と叫ぶと、瞬く間に川の水が増し、その答えた村人のいる村は一瞬のうちに水に飲み込まれるという。また、川面に赤い目や口が見えることもあるという。

ヤロカ水の正体
推定できる現象として、河川の洪水の初期段階は浸食が主体であるため、川岸や川底が濁流に洗われ大きな石が流れ転がる際の音を「ヤロカヤロカ」と表現し、終盤には上流で発生した土石流に伴う土砂が堆積し、水が溢れる際の状況を「ヨコサバヨコセ」と表現したものと考えられる。あるいは暴風雨の夜、暴風による風の音が、「ヤロカヤロカ」と聞こえた為とも推測される。木曽三川流域は、常に洪水の危険性があり、洪水に対する人々の不安から、若しくは後世への注意喚起のため創られたともいう。鉄砲水がその正体である、という説もある。

実際に存在したヤロカ水
このヤロカ水に該当する洪水は、実際に発生している。江戸時代の1650年(慶安3年)9月に、尾張国、美濃国で発生した大洪水である。この時、堤防は殆どが決壊し、木曽三川流域は海のようになったという。記録によれば、大垣藩及びその周辺での死者は、3,000人以上だと伝えられている。この洪水で、木曽川沿いの尾張国丹羽郡上般若村が完全に流出し、村民は全滅に近い被害を出したと伝えられている。ヤロカ水で「ヨコサバヨコセ」と叫んだ村民は、この村の村民と伝えられている。
なお、尾張国丹羽郡上般若村とは現在の愛知県江南市の一部である。現在も、中般若町(旧:中般若村)、般若町(旧:下般若村)は存在するが、上般若の地名は無くなっている。
1687年(貞享4年)8月26日に木曽川が雨で増水した際には淵から「ヤロカヤロカ」と声が聞こえ、川を警戒していた者が「ヨコサバヨコセ」と叫ぶと川はさらに増水し、大洪水が発生したという。1873年(明治6年)に愛知県犬山町(現・犬山市)で洪水が起きたときも、実際に「ヤロカヤロカ」と声が聞こえたといわれる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%AD%E3%82%AB%E6%B0%B4
おばさん  投稿日時 2014/7/29 8:12
最後のナレーションの言葉、「木曽川のやろか水に飲まれた十四郎と女の姿はどこにも見えんかった」とありますが、実はこの二人はやろか水に飲まれてしまった、という事にして、二人は山の高い所へ逃げてひっそり暮らしたのではないかと思います。
駆け落ちです。
十四郎はやろか水が来る川を見に行く途中、あの女と逃げて、高台で炭焼きでもしようと言っていましたね。
あの女は十四郎に惚れて誘惑しましたが、彼も女に惚れてしまったのではないのでしょうか。
川の氾濫の後、村の人々や十四郎の妻も十四郎はやろか水に飲まれて死んだと思うはずです。
こう思うと、何だか、ロマンチックで哀しい大人の話に思えて来ます。
災害がもたらした、男と女の不思議な縁。
もみじ  投稿日時 2012/6/25 18:00
やろか水で検索したら、やろか水そのものが「妖怪」となってました。
Wikiで「やろか水」で載ってるあたりがすごいなと思いました(・ω・;)

やろか水、その正体は「鉄砲水」ではないかという説もあるということだそうです。

鉄砲水
土砂崩れなどで溜まった水が一気に流れること。
水位が短時間で急激に上昇するので避難するまでの時間が短くなってしまうのが特徴。
また、大きな石とともに激しい水流に乗って一緒に流れてくるので被害が大きくなることもある。


やろかやろか は、
大きな石が川底をごろごろと転がってくる様を表しているのでは?ということなので、
このお話のあらすじにそって考えてみても、あぁなるほどーと思います。


ひかる  投稿日時 2012/2/2 15:05 | 最終変更
あらすじでは、男の名前の「じゅうしろう」の文字がわからないので適当な漢字を充てました。

簡単な文章ではなかなか男女の情念みたいなアニメのニュアンスが伝わりませんが、昔ばなしのくせに大変色気のある話でございました。
投稿ツリー
10件表示 (全12件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

13 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)