No.0105
きぼとけちょうじゃ
木仏長者

放送回:0065-A  放送日:1977年01月01日(昭和52年01月01日)
演出:上口照人  文芸:沖島勲  美術:槻間八郎  作画:高橋信也
大分県 ) 16343hit
見てくれよりも心が大切というお話

昔、あるところに一人の長者どんがおりました。この長者どんは立派な金の仏様が自慢で、毎日暇さえあれば仏壇から取り出してピカピカに磨いて、誰かが訪ねて来る度に見せては自慢しておりました。

ところで、このお屋敷には働き者で信心深い若者が風呂焚きの奉公をしておりました。若者が働いていると、長者どんがやってきて「どうじゃ?お前の木仏さんは。ワシは今から金仏様を隣の村の長者どんに見せてくるわい」と言って笑って去って行きました。

この木仏さんというのは、この若者が薪をとりに行く最中に山の中で見つけた仏様そっくりの木のぼっくい(木の杭)のことです。若者は、それを持ち帰り、仏様と思って大切に扱い、いつも持ち歩いて仏様への感謝を忘れず熱心に拝んでおりました。

新年になって、お正月のお祝いの席のこと。長者どんは、今日も自慢の金仏様を来客に見せて自慢しておりましたが、そのうちの客の一人が風呂焚きの若者の木仏をからかってやろうと思いつきました。面白がった長者は、若者を呼びつけて「ワシの金仏様とお前の木仏を相撲させよう」と言い出しました。そして「もしお前の木仏が勝ったら、ワシの身代(しんだい※財産の事)を全て譲り、ワシが代わりに風呂焚きになろう」とまで言いました。


信心深い若者は、仏様にそのようなことをお願いするわけにはいかないと困り果てましたが、なんと木仏様は「やってやろうじゃないか。大丈夫・大丈夫」と了承したのです。

かくして、長者どんの家では世にも珍しい仏様の取り組みが始まりました。不思議なことに土俵に置かれた仏様は動き出し、相撲を始めました。最初は五分五分で したが、少しずつ金仏様は息切れしてきました。そして、長い接戦の末にとうとう木仏様が勝ち、長者どんは泡を吹いて倒れてしまいました。

こうして、約束通り長者どんは若者に身代を全て譲り、若者が長者になりました。風呂焚きに落ちた長者は金仏様に「なぜあんな木のぼっくいに負けたのだ」と文 句を言うと、金仏様は「お前は私を磨くばかりで少しも信心しなかった。ゆえに私は力を出すことができずに負けてしまったのだ」と静かに言いました。長者は 「そうだったのか」と嘆きましたが後の祭り。

若者は、仏壇に木仏を安置してそれからも信心を忘れることなく、皆から「木仏長者」と慕われて過ごし、長者はそれからはずっと風呂焚きのままだったいうことです。

(投稿者: もみじ  投稿日時 2013-2-24 13:20 )


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第7集(DVD第32巻)
VHS情報VHS-BOX第6集(VHS第60巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第16巻-第079話(発刊日:1977年6月15日)/童音社BOX絵本_第32巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/国際情報社BOX絵本パート1-第005巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第020巻(発刊日:1978年1月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「大分県の昔ばなし」
国際情報社の絵本より金の仏像を自慢にしている長者と、木のぼっくいを仏像にしている風呂たき伍助との対比で、話が面白く展開していきます。いつも金ぴかに仏像をみがいていても、本当の信心がなければ何にもなりません。一方、たとえ木のぼっくいでも、仏様に見立てて信仰することの大事さが、この話にはあらわれています。昔の日本人は、森羅万象の中に、神を見、仏を感ずる、信仰の心をもっていました。それが、木のぼっくいの仏像にもつながっているのです。ここでは、欲のない、きれいな心の風呂たきが、長者になってしまう話になっていますが、どん欲な庶民にも、こういう話を、かえって迎える一面があることは確かです。(地名の明記なし)
講談社の300より書籍には地名の明記はない
このお話の評価7.8889 7.89 (投票数 9) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/2/24 19:09 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 27  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
マニアック。  投稿日時 2013/3/10 13:53
ラストは、風呂たきが圧勝して良かったね!
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)