トップページ >  お話データベース >  九州地方 >  熊本県 >  縁起かつぎの吉平さん
No.1014
えんぎかつぎのきちべえさん
縁起かつぎの吉平さん

放送回:0639-A  放送日:1988年03月05日(昭和63年03月05日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:田中静恵  作画:若林常夫
熊本県 ) 5827hit
縁起かつぎもほどほどにしようね、って話

昔、熊本に何事にも縁起をかつぐ吉平さんという男がいました。

大根の種まきをする季節になり、朝から茶柱も立った事で「縁起の良いタイミングで種まきができる」と、喜んで畑に向かいました。

その途中、手拭いを拾ってあげた姉さんに「はばかりさん」とお礼を言われた吉平さんは、がっかりして「はばかりさんとは、縁起が悪い。大根が葉ばかりになる」と言って、その日は種まきをやめました。

翌日、またまた茶柱が立ったので意気揚々と畑に向かっていたところ、歯が痛くて苦しんでいる娘に出合いました。「虫歯が痛い」と言う娘の言葉を聞いた吉平さんは「大根の葉に虫がついてしまう、縁起が悪い」と、種まきをやめて家に帰りました。

ところが、翌日からは一向に茶柱が立ちませんでした。何日も何にも茶柱が立たず、大根の種まきは1か月も延期され続けました。ようやく茶柱が立ったある日、今日こそ種まきをしようと注意しながら畑に向かいました。

なるだけ人に会わないよう迂回して畑に行きましたが、庄屋さんと出会ってしまいました。吉平さんは目も合わさず「人と話すと縁起が悪いから」と会話を避けましたが、それを聞いた庄屋さんは怒って「根も葉もない事を言っている」と、言い捨てて去っていきました。

その年の吉平さんは、とうとう大根の種まきはしませんでした。その年の大根は高値で取引されたので、吉平さん以外の村人たちはたいへん儲けたそうです。

(紅子 2013-10-18 23:44)


ナレーション市原悦子
出典熊本県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/18 23:44 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 40  件):   <前  1 ..  28  29  30  31  32  33  34  .. 40  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)