トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  北陸地方 >  新潟県 >  海に消えた鐘
No.1004
うみにきえたかね
海に消えた鐘

放送回:0632-B  放送日:1988年01月16日(昭和63年01月16日)
演出:河内日出夫  文芸:沖島勲  美術:板倉佐賀子  作画:荒川真嗣
新潟県 ) 7333hit
あらすじ

昔、出雲崎に鐘作りの名人がいて、その鐘はどんな悪天候の日でも遠くまで鳴り響くと有名だった。ある日お殿様から三里四方に聞こえる鐘を作った者に褒美をとらせるというお触れが出されたが、たとえ名人でもこれは難しい事であった。

次の日名人は直江津まで仕入れに出かけ、あと二里半の所で一休みしていた。すると、遠く直江津の方から美しい鐘の音が聞こえてくる。名人は用事もそこそこに鐘を探し、鐘が鳴っていた寺を見つけ和尚から作り手の家を聞いて訪ねてみた。鐘を作っていたのは病気の母親と暮らす若い男だった。家の中を覗いてみると、若者は母親に「お触れの鐘作りには命をかけている。褒美を貰えば薬も旨い物も買える、それまでの辛抱だ。」と話していた。名人はその夜親子の事を考えて一睡もできなかったが、若者に同情はしまいと決心し、鐘作りに取り掛かった。

三里四方に響き渡る程の鐘を作り上げたのは結局出雲崎の名人と直江津の若者だけだった。そこで波の静かな月夜の晩、二子山近くの浜辺でお殿様の前で優劣を競う事になった。若者は浜で、名人は船で三里より沖へ出て鐘を打ち、遠くまで聞こえた方を勝ちとする。船を沖に進めては鐘を打ったが勝負は中々つかず、その内お互いあまりに強く鐘を打ち合ったせいなのか、静かだった海が次第に波立ったかと思うとみるみるうちに大荒れの嵐になり、あっという間に名人の船は飲み込まれた。

浜にいた者は助かったが出雲崎の名人はとうとう帰らず、褒美は直江津の若者に渡った。名人を失った出雲崎の人々は悲しみにくれたが、二人の見事な争いは語り継がれた。今でも月の美しい夜、二子山に登ると海の向こうから美しい鐘の音が聞こえてくるという。

(投稿者: 雪国のクマ 投稿日時 2012-2-14 21:39 )


参考URL(1)
http://www2.odn.ne.jp/~chj13670/newsub62.html
ナレーション市原悦子
出典新潟のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細新潟のむかし話(各県のむかし話),新潟県小学校図書館協議会,日本標準,1976年01月28日,原題「海に消えた鐘」,採録地「三島郡出雲崎町」,再話「市川恒雄」
備考アニメでは上越の出雲崎と言っていますが、実際は上越市直江津から海沿いに北へ約60km離れた中越地方の出雲崎町です。
場所について二子山(出雲崎町の良寛記念館そばの切り立った小山)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:二子山(出雲崎町の良寛記念館そばの切り立った小山)
追加情報
このお話の評価9.1429 9.14 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/2/14 22:55 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 78  件):   <前  1 ..  43  44  45  46  47  48  49  .. 78  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
雪国のクマ  投稿日時 2012/2/14 21:39 | 最終変更
アニメでは上越の出雲崎と言っていますが、実際は上越市直江津から海沿いに北へ約60km離れた中越地方の出雲崎町です。直江津と同じ市内だと勘違いされたのでしょうか。
参考サイトによると、二子山は出雲崎町の良寛記念館そばの切り立った小山だそうです。地図に明記していませんが、国土地理院の地図の地形と照らし合わせて該当する場所にポイントしました。
二子山
http://g.co/maps/x6gq2

原作では鐘の競い合いはしておらず名人が一人で沖へ出ます。
参考サイトの話は日本標準の話に近いあらすじです。
↓参考サイト(東京出雲崎会)
http://www2.odn.ne.jp/~chj13670/newsub62.html
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (30 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)