わらび長者 についてのコメント&レビュー投稿
秩父の高篠山に、栄華を極めた長者が住んでいた。この長者は、毎年春になると屋敷中の人間を駆り出し、高篠山のわらびを採るのが習わしだった。 ある年のわらび狩りの日、長者がこ...…全文を見る

投稿ツリー
投稿者:熊猫堂 投稿日時 2012/10/29 17:54
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .4 .5 | 最終変更
Mixiの某コミュニティで「一番怖い『昔ばなし』」の評高かった作品です。
書籍では傲慢な長者が神罰を被ると言う筋書きに重点を置かれた再話が多いのですが、アニメ版は単に神罰譚に終わらせず、長者の孤独感と言うか人となりを掘り下げた再話が印象的でした。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2016/1/19 22:48
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
秩父の高篠山(現:丸山)の 南側には 旧 名栗村(秩父郡)の 蕨山がある。
秩父郡は古代より 和同開珎 を産出した地域であり、鉄等の鉱物資源と生産に関与した地域であった。

ちなみに、「大阪では、ワラビの枯れた地上部を「ほとら」と呼んでいます。」そうで、
  蕨  = ほとら
  蕨山 = ほとら山
なのだと思う。(web上検索したら以下の文献があったの参考に乗せる)
「ほとら山という開けたところに出てきた。ここは昔スギの人工林の後、採草地として牛などの飼料の草を刈っていたところ。広葉樹を植栽したが1平方㎞あたり10頭というシカの増加でワラビ以外はほとんど食い尽くされ、下草狩りをした後のような状態であった。」
「私の住む真庭市南部旧落合町木山地区では、山寄せの田畑と山林の隣接地の斜面を「ほとら」と呼び、共有地として、草刈りを田畑所有者が行い、刈った草木を肥料として使うという慣習があります。」
ようするに、蕨しか生えない禿山や 草と低木しかない山を 蕨山と呼んだのだと思う。
鉄の生産には木材は欠かすことができず、一つの山を禿山にして 今は滅んでしまった 長者の物語なのだろう。
また、トンボも鉄と関係があるように思える。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:匿名 投稿日時 2017/10/28 12:04
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
眠れぬ…ただこうして時の流れのままに年老いてゆくのか。
秩父の長者の名にかけて、夕日をかえせ。夕日をかえせ!

生きるという事、老いるという事。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2019/6/17 20:22
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
人間やることなくなると呆ける。
ついにアルツハイマーを発症し本物になった爺の話。
あまりの横暴に嫌気がさした村民に反乱され屋敷は焼かれ爺も消されたんだろう。
取りつくせ~取りつくせ~
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/1/30 23:07
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話の初出は、大正6年に出版された「日本伝説叢書・北武蔵の巻」らしいです。
「高篠山の長者屋敷(秩父)」という題で収録されています。(コマ番号200/227)
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/953564/200

アニメでは、わらびが赤トンボになって飛んで行きます。
しかしこの本では「取りつくせない分は高篠山に飛んで行った」と書いてあるだけです。
赤トンボについては瀬川拓男の脚色か、アニメ制作者の演出なのではないでしょうか?
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このスレッドに投稿する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)