キジも鳴かずば についてのコメント&レビュー投稿
犀川という川のほとりに、小さな村があった。この川は毎年秋の大雨になると氾濫し、村人を困らせていた。この村に弥平という父親とお千代という娘が二人で暮らしていた。お千代の母...…全文を見る

投稿ツリー
投稿者:ゲスト 投稿日時 2019/4/21 13:49
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
人柱たてる前に治水をしようとする努力はしなかったのか?
そう考えると盗人とは言えてめぇの村人である弥平を何の慈悲もなく人柱にしたのは・・・
人柱たてる費用<治水事業費ってか。
深読みしすぎかな?
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:昔話を愛する者 投稿日時 2019/4/22 17:34
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
ひたすらにお千代ちゃんがかわいそう…
おとうが米と小豆を盗まなければ、お千代ちゃんが手毬唄を歌わなければおとうが人柱として殺されることもなかったのに……
おとうが助かる選択肢もあったはずなのに、それに気づかなかったが故にこんなに救いのない結末になってしまったと思うと皮肉なもんだね
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2019/6/6 14:02
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
そりゃ生き埋めにされたら、口を効かなくなったのは当然です。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:大人の名作 投稿日時 2019/6/8 22:23
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
河川の氾濫
人柱という悪しき習慣
病気を医者に見せられない貧しさ
小豆がご馳走
昔の日本にあった現実を学べる名作
手毬遊びが何より好きな女の子を
悲しみのどん底に突き落とすような現実が日本にあった
かなり絶望的だけど子どもに見せたら何を感じるだろうか

投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:四十過ぎた今も忘れられません 投稿日時 2019/10/4 13:54
自分が保育園に通っていた頃この話の映画(題名:赤まんまのうた)を園で観てその映像がトラウマの様に今も心に残っています。父親が捕まって生き埋めにされる場面で号泣して先生の抱っこで部屋を出され、外には同じ様に泣いている友達が何人かいました。何故こんなにも残酷な物語を保育園児にみせたのか未だに理解が出来ません。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:珠理奈の祭り 投稿日時 2019/10/6 20:42
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
皮肉な話たね、現代の世界と殆ど変わらない
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:空と君のあいだには 投稿日時 2019/11/14 17:02
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
何気なく耳で聞いていたのですが、恐ろしい話でした。現代にも通じる話。人のために自分が悪になっても構わない、その人を救うためにとしたのが、このようになってしまった。
助かったはずのお千代ですら、心の中からは救われない永い闇に包まれて生きていく。人間の怖さ。いけにえは、現在のいじめとなって集団の憂さ晴らしになっていると聞くが、いつまでも救われない永遠の闇なのだろうか。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このスレッドに投稿する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)