カラス売り についてのコメント&レビュー投稿
臼杵(うすき)の街で野菜を売り歩いていた吉四六(きっちょむ)さんは、いつも難癖をつけて強引に値切る強欲な老人に辟易(へきえき)していた。 ある日吉四六さんは一計を案じ、...…全文を見る

投稿ツリー
投稿者:マニアック 投稿日時 2011/10/25 21:09
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 |
有名なとんち名人、吉四六さん、ついに登場!!
投票数:15 平均点:10.00

投稿者:beniko 投稿日時 2012/2/4 22:32
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 最終変更
実際にアニメを見て無いので確定できませんが、『佐賀のむかし話』(日本標準)に同名の「カラス売り」というお話の掲載あり、佐賀の勘ね話が元話の可能性が高いかもしれないと思います。
ですので、現段階では「佐賀のお話」としました。アニメが判明できるまではハッキリしないのですが、現状の措置という事でよろしくお願いいたします。
※もちろん見た方からの異論反論ございましたら、お待ちしております。(確定情報を教えてください、私も知りたいです)

●佐賀の勘ね話「カラス売り」は以下のようなあらすじでした。
畑は荒らすしカァカァうるさいカラスを、酒カスを食わせて酔わせて捕獲に成功した勘右衛門。 大石の町でカモを購入し、カモをぶら下げながら「カラスはいらんかねー」と売り歩く。 1羽4文という激安価格につられて、町人が4羽、5羽と購入するも、手渡したのは泥酔状態のカラス。 食えないカラスを買った町人たちは、酔いが覚めたカラスをそのまま逃がしてやったとさ。
投票数:16 平均点:10.00

投稿者:マニアック 投稿日時 2012/2/5 9:49
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
常田富士男。
投票数:14 平均点:10.00

投稿者:常陸っ子 投稿日時 2018/11/29 19:22
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
 茨城にも(額田のたっつぁい)というお話があります。ひょう俵で家を拭いて(大したこたねぇ。うちは豹の革で拭いてあらあ)と言ったり。トンチの名人は日本全国にいるんですね。
投票数:14 平均点:10.00

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

15 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)