お月さん金の鎖 についてのコメント&レビュー投稿
母親と3人の子供が住んでいた。母親は「山姥が出るから決して母さん以外の人が来ても戸を開けてはいけない」と、言い聞かせて隣村へ仕事に行った。 でもそのお母さんも帰りに山姥...…全文を見る

投稿ツリー
投稿者:マニアック 投稿日時 2011/10/17 21:41
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 |
またまた見つけました。これは「親子星」という話の旧作ですね。「親子星」では、山姥ではなく、赤鬼でした。あらすじは、ほとんど同じです。
投票数:31 平均点:10.00

投稿者:人狼 投稿日時 2013/4/28 21:33
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 最終変更
これだーーー!やっと、やっと長年探し続けていたもの。
やっと、すっきり出来ました。とうとうたどり着きました。

この話と背景の絵がとても怖くてトラウマで夢にまで出てきた話です。
今思えばこんな絵だったかなあと思います。

ロープと思っていたら、鎖だったんですね。
鎖のようなものが降りてきて、3人くらいの子供が天に昇っていく場面はよく覚えていたんですが、どうしてもタイトルが思い出せませんでした。

ありがとう。大変、感謝しております。もう漫画日本むかしばなしに悔いはありません。

お月さんにまつわりお話はお月様の光でバケモノを退治して旅人が救われるという話の(十三夜さま)も有名ですね。
投票数:32 平均点:10.00

投稿者:ゲスト 投稿日時 2014/11/3 11:43
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
最後に山んばが落ちていってドガァン!という
音にかなり笑えましたw人一人食い殺したんだから
当然の報いですね。
投票数:33 平均点:10.00

投稿者:青の魔女ファニーB 投稿日時 2015/3/23 21:16
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
小さいころに見て、あらすじと最後の台詞だけをうっすらと覚えていて、なぜかずっと気になっていた話でした。やっと見つけることができ、すっきりしました。ありがとうございます!
投票数:30 平均点:10.00

投稿者:ゲスト 投稿日時 2015/10/26 21:39
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
幼少時、絵本で読んで、
それから十数年…。

これをアニメで見て、懐かしさで一杯になりました。

金がかった背景が良いですよね。
投票数:31 平均点:10.00

投稿者:ゲスト 投稿日時 2018/5/14 21:19
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
ラストの山姥が落ちていく瞬間がなんか笑える。
投票数:30 平均点:10.00

投稿者:Perenna 投稿日時 2018/12/15 21:04
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
昭和19年に出版された「肥後民話集・続」には、「蕎麦の茎は何故赤いかの話」としてこの昔話が収録されています。(コマ番号55/129)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1450605/55?tocOpened=1

山姥が「私はお母さんだよ」といつわって、三人兄弟に手や足を見せびらかす最初のやりとりは、「七匹の子ヤギ」を連想させますね。
また、月から降りてきた鎖に飛びついた山姥は、途中で蜘蛛の糸みたいにプツリと鎖が切れて地上へと落下してしまいます。
「肥後民話集」では地面に墜落した山姥の血が、蕎麦の茎を赤く染めたとあります。
なんとなく「天までとどいた竹の子」と類似した昔話のような気がします。
投票数:29 平均点:10.00

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)