金太郎 についてのコメント&レビュー投稿
むかしむかし、足柄山に金太郎という元気な男の子が乳母と一緒に暮らしていました。 金太郎は小さい時からクマやサルやシカといった動物たちと仲良くなり、乳母の乳をいっぱい飲ん...…全文を見る

投稿ツリー

スレッド

投稿者:マニアック 投稿日時 2011/10/15 10:12
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .3 .4 .5 |
火の玉小僧みたいな、金太郎だなー。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:ピーボ 投稿日時 2012/8/2 17:42
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
ウンコwwww
投票数:9 平均点:8.89
返信する

投稿者:ヴィアラクティア 投稿日時 2012/12/22 12:11
76年版、90年版の金太郎を見比べての感想。

76年版の作画、演出は可愛らしさと親しみやすさでは
優っていますが、親子の絆、愛情の描き方が
乏しかった印象を受けました。
金太郎の子供時代をメインに描いただけですが。
母親も金太郎に対して愛情が全くないわけでは
ないのでしょうが、
「親はなくとも子は育つ」を地で行く母親なのかもしれません。


90年版の金太郎の作画、演出は
可愛らしさと親しみやすさには欠けていて
少々生々しさがあるものの、
親子の絆、愛情、金太郎の強さだけでなく
賢さと優しさが伝わります。
90年版は実の親子ではなく乳母と
主君(または雇い主)の息子という設定ですが
主君の子をわが身に変えても守り抜くという
彼女の並々ならぬ思いが伝わります。
主従関係を感じられないのは、
金太郎を守るためどこにでもいる普通の親子を装うとした
彼女のとった方法だったのでしょう。

乳母も金太郎に母乳を飲ませているということは
彼女にも実子がいたはずです。
乳母はいろいろな事情で実子と別れざるおえなかったから
金太郎と実子と重ねながら育てたのでしょう。

物語の終盤で金太郎は源頼光と対面します。
乳母は頼光を、金太郎を立派な男に育ててくれると人物とみて
彼を頼光に託したと思います。

90年版は波乱含みではあるけれど
立身出世のチャンスをつかんだ金太郎の物語ですね。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:マルコ 投稿日時 2012/12/22 20:02
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
金太郎さんって別名を怪童丸って言うみたいですよね・・・。間違ってたかな・・・?
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:もみじ 投稿日時 2012/12/24 0:22
マルコさんへ

金太郎の別名は確かに「怪童丸」であってるようですよ(・ω・)♪

以下 ウィキのページ「金太郎」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%A4%AA%E9%83%8E

Wikiによると「金太郎」という幼名(幼い時の名前)は
当時の名前のつけ方からしたら、おかしいらしいです。

何やらいっぱい説明が書いてありましたが、要するに

本当の幼名は「怪童丸(かいどうまる)」で、
大人になってから「坂田公時(さかたのきんとき)」と名前を代え
有名になった彼の幼少時をわかりやすく伝えるために、
小さい時は「金太郎」って名前ににしたんじゃないか…
ってなことなんだろうと思います。(・ω・)

怪童丸 → 坂田公時 より 金太郎 → 坂田公時 の方が
同一人物であるとわかりやすいですからね(・ω・)
子どもに話して聞かせるとき、後世に語り継ぐために
あえて名前を代え、わかりやすい方法を取ったと推測されます(・∀・)
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:araya 投稿日時 2012/12/24 1:17
もみじさん

蛇足ですが、金太郎の話は近松門左衛門の『嫗山姥』から人口に膾炙するようになりましたので、江戸前期は「怪童丸」として描かれ、後期には「金太郎」という名も併用されるようになったみたいですね。
ご指摘のように、金太郎の方が分かりやすいというのもありますが、庶民的な親しみやすさと分かりやすさの両面から「金太郎」が使われ始めたのではないでしょうか。また、明治以降、怪童丸だと恐ろしい語感があるため、子供向けの話に向かないと判断されたのもあるでしょうし、童謡の金太郎が広まることで拍車がかかり、さらに主流となっていったようにも思われます。幼少の頃に聞いた童謡や昔話の影響力は絶大♪
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:もみじ 投稿日時 2012/12/26 0:17
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
arayaさん

なるほど!(・ω・)!
確かに、字からしても怪童丸だと怖いですよね…(;´Д`)
童謡や昔話の影響力は大きいものです。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2014/10/14 0:00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
ちなみに金太郎は、山姥と赤龍の間に生まれた子とされる事がある
眠っている山姥の夢に赤龍が現れて情を交わし、山姥が夢から醒めると金太郎を身籠っていたとのこと
この説に従えば両親とも人ならざる者だから、あれほどものすごい力の持ち主なのも納得の行く話
投票数:2 平均点:10.00
返信する

このスレッドに投稿する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)