Re: 子を呼ぶフア鳥

子を呼ぶフア鳥 についてのコメント&レビュー投稿
沖縄の石垣島では三月になると麦が実ります。毎年この時期に合わせて、遠いところからカッコウ鳥が渡ってきます。 ある年、カッコウは子供を連れてやってきましたが、飢饉(ききん...…全文を見る

Re: 子を呼ぶフア鳥

投稿者:Perenna 投稿日時 2019/5/7 0:12
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話は、伊波南哲氏が昭和18年に著した「人魚のうた」にも、「かつかう鳥の話」という題で収録されています。(コマ番号59/114)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1169786/59?tocOpened=1

千葉県の房総地方に伝わる「くらっ子鳥」とも類似した話です。
カッコウの鳴き声が「子供を返せ、子供を返せ」と聞こえるというのは、現代人の感覚ではとても不思議な感じがします。
昔の農家の人たちは貧しかったので、子供たちに満足に食べさせることもできず、病気や飢えで死なせてしまうことも多かったのではないかと思います。
おそらく子供を失った親たちは、悲惨な生活や無念の想いを鳥たちの話に託して、このような悲しい昔話として語り継いでいったのでしょうね。
投票数:17 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

13 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)