Re: 岩手

岩手 についてのコメント&レビュー投稿
昔々のそのまた昔、岩手県あたりの国がまだ出来上がっていなかった頃の、遠い昔の話です。この辺りに「三つ石の神」が住むようになり、気にいった三つの石の上でそのまま深い眠りに...…全文を見る

Re: 岩手

投稿者:Perenna 投稿日時 2019/2/10 21:34
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話は、昭和18年に出版された「炉辺夜話:東北の昔ばなし」にも掲載されていました。(コマ番号7/83)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1451358/7?tocOpened=1

「生捕られた羅刹鬼
岩手の由来・岩に残る鬼の手形
今盛岡市の三割は大へん賑やかなところですが、むかし人里うすく昼でさへ暗い程樹が茂つてゐた松坂といふ坂道がありました。こゝに羅刹鬼(蝦夷であると言はれてゐます)と言ふ鬼が出て里人をさらつたり食つたりしてなやましてゐました。
だから里人は日が暮れると一歩も外へは出ないで、びくびくしながら家の中にかくれてゐました。
然し何時までもこうして居るわけにはいかないと言ふので里人はこつそり相談して鬼退治をすることに決めました。
そしてそれは神様のお力でなければうまく行かないと三石神社にお願ひすることになりました。代表者がからだを清め一心になつて三七日の祈願をしたのです。恰度満願の日でした。祈願をこめた甲斐があつてありがたや神様が鬼をしばつて出てお出になりました。それを見た里人はほつと胸をなでおろしました。神様はおごそかに鬼に申し渡しました。
「汝はもうこれから里人を苦しめないと言ふしるしにこの神の岩に手形を押せ、そうしたら汝をゆるしてつかはすぞ」と鬼は大きな手形を岩にのこしてどこかへ逃げてしまいました。これが岩手の名の起りだそうです。
また、その後は全く鬼が出なくなつて里人は安心することが出きました。そして里人はうれしさのあまり神様の前で一日中踊りまはつたと言ひます。この踊りがいまお盆によく見る「参差踊り」の始めだそうです。
(写真)今にのこる盛岡市北山東顕寺後庭の鬼が罪を詫びて岩に押したといふ手形」

アニメでは原始時代の話のように紹介されていましたが、「三七日の祈願」とか「羅刹鬼は蝦夷であると言われている」と書かれているので、仏教が伝来して以後の伝説のような気がします。
鬼の手形は現在の写真をみる限り、残念ながら風化して見分けがつかなくなってしまったようですね。
本に掲載されている昭和18年頃の写真を見ると、指が異様に長い鬼の手形がいくつかはっきりと写っています。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

17 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)